ゴルフの基本はビジネスゾーン

ゴルフの基本はビジネスゾーン

ビジネスゾーンとは、いわゆる仕事をする場所のことです。
このエリアの基本が出来ていれば、その前後がどうであっても、何とかなってしまう物です。
busines

ビジネスゾーンとは

クラブが腰から腰の高さになった時のクラブと体の動きです。
このビジネスゾーンのチェックしだいで、自分のスイングを修正できるのです。
松山選手や石川選手が練習を始める時に、片手打ちから始めるのも、このビジネスゾーンのチェックなのです。
プロは片手で出来ますが、アマチュアは両手で行いましょう。
このビジネスゾーンの延長がトップであり、フォロースルーになります。
ビジネスゾーンが安定して速く回転すればするほど、飛んで曲がらない球が打てるのです。

ビジネスゾーンのチェックポイント

  1. アドレス時の腕の三角形は崩さないで、手はいつも胸の前です。
  2. クラブが腰の高さに来た時に、クラブは目標に対して、平行に目標を向いていなければいけません。
    又、クラブが地面と平行でなければいけません。
    その時にクラブのトゥ(先)が上を向いていないといけません。
  3. アドレスで作った右手首の角度を変えないまま、腰から腰の回転運動を行います。
    手首を使わないで、体の回転だけで、クラブフェイスの開いて閉じる運動を行います。
  4. この基本動作を前傾をキープしたまま行います。
    前傾がキープ出来ずに起き上がると、クラブを左方向に回転することになり、左に打ち出します。
  5. 腰から腰のハーフショットを繰り返し練習することで、ボールの出て行く方向の確認やボールの回転方向の確認をします。
    インから入ってドロー回転なのか、アウトから入ってフェード回転なのか、ボールは落ちてからの転がる方向で確認して行きます。
  6. クラブはSWからドライバーまで基本は一緒です。
    アプローチも同じです。
    まずはアプローチから、繰り返し練習しましょう。

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る