これが出来ればスコア80台です。

これが出来れば、80台です。
出来なければ、80切りは難しい。
それはフェイスコントロールです。

これが出来ればスコア80台です。

アドレスで出来た、胸の前の三角形を崩さないように、手はいつも胸の前です。
クラブフェイスは手首では返さない。
右手の手首の角度はキープしたままです。
ボディータンのビジネスゾーンの最後は、打ち出し方向にクラブが向いて、クラブフェイスがトゥーが上を向いた状態がベストです。

スライスを直すばかりに、手首を使って返すような動作を覚えてしまうと、フェイスコントロールが出来ません。
スコア100が切れない人。
フェイスが上手くローテイション出来ない人に、手首を返すローテイションを教える人がいます。
一度、手で返す事を覚えてしまうと、スコア100を切って90台までは良いのですが、フックボールやチーピン(度フック)が出てしまいまう。
最終的にどの位のレベルを目指すかにもよりますが、体の回転でフェイスをローテイションすることを覚えましょう。

手首で返していると、フォローでクラブフェイスは、トゥーが上を向きません。
打ち出し方向よりも、左側にクラブが回転しているか。
クラブフェイスが返り過ぎて、12時の方向でなく、10時位に返ってしまいます。

精度を上げれば70台です。

このフェイスターンを覚えて、再度を上げること。
進行方向にクラブを振ること。
フェイスが開かず、被らないこと。
前傾を崩さないこと。
前傾が起き上がると、ボールは左に飛びます。
頭を残すこと。
頭を残すことによって、前傾がキープされて、背中の軸を中心とした回転運動が出来るのです。
たったこれだけの、ことです。
これを極めれば、プロにもなれます。

大事なのはボディーターンです。
手首のターンではありません。

いくら振っても曲がりません。

アプローチからドライバーまで、同じ打ち方です。
打ちたい方向にクラブを振って行くので、いくら振ってもボールは曲がりません。
早く回転すればする程、飛距離が出ます。
体幹の大きな筋肉で、ボールを押しながら打つので飛距離が伸びます。
手首を使っていると、振れば振るほど曲がります。
タイミングが狂うと、右のも左にも行きます。

大事な事なので、覚えておきましょう。


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る