足から、しっかり捻転出来るかで「一皮むける」

練習場では良いショットが打てるのに、コースに行くとミスショットばかり。
練習場とゴルフコースとのギャップの差を無くすことが、上達の秘訣です。

5554351289

そこで大きなキーポイントが、ゴルフコースでプレイ中に怖がらずにしっかり右足に重心を乗せて、最後まで捻転出来るかどうかです。
コースに行くと、上手くボールに当たらない様な気がして、体重移動も少なくなり、捻転量が少なくなります。
その結果、トップの切り返しの「間」が無くなり、切り返しが速くなります。
当然、下半身からの切り返しが出来なくなるので、クラブは上からアウトサイドに入るようになり、左への打ち出しやトップやダフリが出ます。

なぜ、重心移動と捻転が重量なのか

テイクバックで、足からの始動で捻転していき、後からクラブが回転して出来るトップは手が上がりません。
足(腰)・肩・クラブの順でテイクバックした場合は、トップで切り返しの「間」が出来て、切り返しの後、足(腰)・肩・クラブの順に下りてきます。
このようにスイングできると、クラブフェイスが立ってきて、ぶ厚いインパクトで飛ばすことが出来ます。
右足にしっかり重心が移動できずに、切り返しで下半身からの始動が出来ないと、下半身と上半身が一緒に回転することになる為、ヘッドアップも起きやすいのです。
練習場ではゆっくりしたリズムで、下半身リードでスイング出来ていたのが、ゴルフコースに行くと、別人になって違う打ち方を始めてしまう人が多いのです。
「ヒョイ」と手から上がったクラブは、手から降ろさないと切り返しが出来ません。
結果「間」の無い速いスイングに見えてしまいます。
回りから見てると「速かったね」という一言ですが、原因はそこにあるのです。

怖がらずに自信を持ってしっかり回すこと

コースに出て、どこに行ってもかまわないので、しっかり右足に乗ってしっかり最後まで肩を回す。
トップの形さえいつも通りに出来てしまえば、あとは体が勝手に動いてくれます。
これが出来るか出来ないかです。
勇気をもってやり切りましょう。
今まで練習場で出来ている体の動きを信じて、コースで実行するだけです。
その為にも、スコアを付けないで行う練習ラウンドは効果的です。
コースで思いっきり捻転をして、フルショットする練習を芝の上で行って自信をつけてください。
「練習場と違う打ち方をしない」。
コースで練習場と同じ打ち方が出来るようになった時、一皮むけた上級者になっているでしょう。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る