簡単100切りマネジメントVer.4「得意のクラブだけで周れば簡単に100切り」

こういうパターンは、ショットだけが悪かったのではありません。
マネジメントが悪かったのか、出来なかったのです。
想像力が足りないのです。
何も難しいクラブや見栄を張る必要はありません。

簡単100切りマネジメントVer.4
「得意のクラブだけで周れば簡単に100切り」

私の友人で、ゴルフ場に行く前に近くの練習場で一緒に練習して行きます。
「ドライバーが良く曲がる」のを見て、「今日は勝てるかな」と思い一緒にゴルフ場に向かいました。
スタートティーで、3Wを持っています。
聞いてみたら、「今日はドライバーがダメなので、置いてきた」とのこと。
持っていると使いたくなるので、置いてきたそうです。
フルバックティーでプレイするので、大丈夫かなと思っていたら、なんとスコアで負けました。
1Wと3Wも20~30yしか違いません。

ゴルフは飛距離を争うスポーツではありません。
スイングフォームの綺麗さを見せるスポーツでもありません。
打ち方や使用するクラブは関係ないのです。
自分の好きな14本のクラブを使用して、いかに少ないスコアで上がるかを競うゲームです。

ゴルフは「ミスをいかに減らすか」を競うゲームです。
ゴルフ場のパー72とは、ハンディキャップ「ゼロ」の人達が、パープレイでラウンド出来る「コースレイト」を設定して決めています。
一般アマチュアが「パーを取ろう」考えるのが無茶なのです。

全ホール+3ならスコアは126です。

初心者は、クラブの扱いも経験も少ないので、スコア130以下の「126」を目指しましょう。
目標は、全てのホール「トリプルボギー+3」を目指します。
パーの数字でグリーンオンを狙って、3パットまでOKです。
ドライバーなんて使う必要はありません。
上手く打てる、ボールに当たって前に行くクラブしか使いません。
前に前進しながら、スコアを作って行く楽しさを味わってください。
無理に上手く当たらないクラブで、ミスショットを繰り返して、ミスの連鎖と自分の下手さに呆れて、ゴルフが苦痛になって嫌いにならないようにしましょう。
これなら、7番アイアンまでとアプローチ、パターが出来ればコースデビュー出来ます。

全ホール+2のダボならスコア108です。

考え方は、+3の126と同じです。
少しショットがクラブに上手く当たるように成れば、ミスショットの回数が減ってきます。
アプローチとパットの感覚も慣れてきますので、スコア110切りを目指しましょう。
目標は、パーの数字でグリーンオン、2パットで108です。
この頃になると、長いクラブを使ってみたくてしょうがなくなりますが、自信が付いてからにしましょう。

いよいよスコア「100切りです」

「100」を切る為には、9ホールを+1のボギー。9ホールを+2のダボで良いのです。
パーはいりません。
最悪+3のトリプルを打っても、その分ボギーを増やせばいいのです。
「100」が切れない人は、たぶんパー72を狙ってプレイをしています。
パーを狙って+2のダボや+3のトリになる。
「100」を切れない人が、パーが出せるはずがないのです。
偶然にパー3やパー5でパーが取れたら、ラッキーと考えてボギーを狙って取りに行けば簡単に「100」は切れます。
ボギーの+1を狙って取りに行くのです。
パー4ならば、3オン2パットを狙って取りに行くことです。
400yもあっても、150+150+100で3オンです。
これなら、7Iで150yを2回、PWで100yで乗せて3パットで+1のボギーです。
簡単じゃないでしょうか。
400yを240+160の2オンは、70台のシングルさんの狙い方です。
これだと1回ミスすれば+2のダボ。2回ミスすればトリプルの+3です。

私も先輩からさんざん言われます。
パーが取れない物が、何でバーディーを狙うの?。
バーディはパープレイで周れる人が狙うものだよ。
バーディーは、パーを狙って「取れちゃった」、「入っちゃった」のラッキーだと思え。と

回りの人にとやかく言われても、自分のマネジメントを貫く事が大事です。

自分のスコアの諦めないように、仲間同士で「にぎる」云う行為がありますが、「スコアを諦めない」「マネジメントを貫く」という点では一理あると思います。
何を掛けて、ハンディーを幾つ付けるかは別として、1打1打の勝負になるのでいい加減なマネジメントが出来なくなります。
仲間の言動が本当に助言なのか、冷やかしでミスを誘っているのか、聞き分けられるようになりたいですね。
関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る