「ルックアップ」と「ヘッドアップ」の違い

「ヘッドアップ」はよく聞くけど、「ルックアップ」って何?

クラブと体の回転と一緒に、顔が回転して行くのが「ルックアップ」です。
インパクトの前に、打ち出し横行を見に行ってしまい、アッパースイングになってしまうのが「ヘッドアップ」です。
同じようで微妙に違うので、勘違いしそうですが、大きな違いは、インパクトの前か後かということです。
体の回転のワーキングゾーンの軌道が狂うのか狂わないのかが重要です。

スイングの軌道を崩さないでスイング出来るプロは、体の窮屈に無理に頭を残してスイングするよりは、自然にフォーローまでの回転をしっかり行うことに重点を置きます。
無理に頭を残すよりは、フォローまでしっかり回転して、フィニッシュを迎えることが大事になります。
特に年齢を重ねるに従い、体の回転する柔軟性は、人によって違いが出てきます。

スイングは体の回転で行います。
初心者のうちは、インパクトでの伸び上がり、起き上がりなどによって、インパクトがまともに当たらないので、「ヘッドアップ」という表現で注意されるのです。
中級者は、アプローチやパター。フェアーウエイウッドなどの難しいショットや結果が早く見たくなる場面で「ヘッドアップ」が起こります。
上級者は、打ち出しのラインを重要視して来るので、インパクト前に顔が動くと打ち出し方向にズレが生じてきます。
この打ち出し方向のライン通りにインパクトを行った後であれば、顔が動いても問題ないのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る