トップの正しい「間」ってどうやって作るの?前編

トップの「間」って作るものなの?。出来るものなの。
そもそも「間」って何?。ってことから考えて行きましょう。

トップの正しい「間」ってどうやって作るの?前編

「間」とはトップで切り返しの時に、クラブが一瞬止まって見えるような「動き」「時間」の事です。
但しこれは、しっかりと捻転してトップまで回った時の切り返し動作のことです。
打ち急いだり、しっかり捻転動作が無かったりした場合には、腕や手が上がって下ろすだけの動作になります。
安定した軌道を描けない為に、ダフリやトップ、スライスボールになります。

クラブを上げた腕が適切な位置まで下りることによって、間が出来ると解説していますが、そこが難しい所ですね。
「降りて来る」「下ろす」との違いです。
腕は上げれば上げるほど、上げた分だけ下ろさないといけません。
その下ろす分だけ誤差が生じて、ミスにつながるのです。

「降りて来る」「下ろす」との違いと同じなのが、「上げる」と「上がる」の差です。
次回後編で、どこまで解説できるか判りませんが、そこのポイントを解説したいと思います。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る