ハンドファーストで左足体重がアプローチの基本(前編)

アプローチの基本は、ハンドファーストです。
アプローチの難しいところは、きちんとクラブフェイスにボールが乗ってくれないこと。
ザクっと引っかかてしまい、ダフルこと。
下が硬くてバンスが跳ねてしまい、トップが出ること。などです。

本当にこれでいい?ハンドファーストで左足体重がアプローチの基本

今回の解説は、初心者には少し理解しにくいので、こういうものなんだとざっくり聞いておいてください。
アプローチは、いろんな打ち方があるにはあるのですが、基本は一緒です。

クラブフェイスがボールの上から入ること。

下からとか、手前からではなく、ボールに対して上から入ります。
よって、ダフッタリ、トップしたりせずにクラブフェイスにボールが乗ってくれるのです。

腕の操作では、ボールを打ちません。

インパクトからフォローにかけては、体の回転で打ちます。
体の大きな筋肉で、お腹から腰の回転で距離感を出していくのです。
なので、アドレスで作った腕と手首の角度は変わりません。

若干体重移動が入ります。

体重移動が入った分だけ、インパクトの位置が前にずれるのです。
このインパクトがズレることによって、クラブフェイスが上から入ってもインパクトゾーンが長くなります。
この動きによって、クラブの最下点はボールのしてではなく、ボールの先になるのです。
プロがターフを取ることが出来るのが、まさにこの動作なのです。
なので、プロはダフらないのです。

アドレスの位置にクラブヘッドを戻すだけだと、クラブの最下点はボールの手前になります。
なので、ダフリやすいのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る