今年は寒いです!「大間々ゴルフクラブ」

先日は、コンペで10年ぶりに大間々ゴルフクラブに行ってっきました。
今月の2017年12月から、大間々カントリー倶楽部から大間々ゴルフクラブに名前が変わりました。
朝の受付で、「好きなのをどうぞ」オリジナルマーカーをプレゼントされました。
随分とサービスが良いなと思ったら、クラブが変わった記念だったんですね。

景色は良いけど、「極寒」です。

朝7時の集合なので、真っ暗なうちに家を出ます。
ゴルフ場に着くころにやっと明るくなる感じです。
10年位来ていないので、ナビを頼りに向かいました。
こんなに山の中だったかな?という印象です。

グリーンは凍っているかなと思いながら練習グリーンへ。
やっぱり凍っていました。
寒いので、パター練習もそこそこに切り上げます。
とにかく寒い。山の下の方のゴルフ場とは違い痛い寒さです。
まだ、真冬のゴルフを体感していなかったので、ネックウオーマーや耳当て、カイロ、手袋を準備していませんでした。

練習グリーンとOUTNo1ホール。

赤城山よりかは低いですが、山の頂上付近にある為、風をさえ切る物がありません。
数の強さは、強風ではないが、まあまあの風です。
耳に刺さります。寒い!!といいながらのティーショットして行きました。
大きな木が無いので、上空は風がかなりあります。
赤城山と日光からの寒い風がまともに当たります。

名物ホールのOUTNo2パー5です。

晴れているとすごい景色です。
秩父の山から関東平野が一望できます。
多分スカイツリーも見えると思います。
春から夏にかけては、凄く気持ちのいいゴルフ場です。

ティーショット、セカンドショットと2回谷越えでグリーンを狙います。
あまり高い球を打つと、風に流されます。
ツーオンも可能ですが、グリーンは谷越えで見えません。
何とかセカンドショットをグリーン脇に着けたのですが、グリーンが硬くてバーディーは取れませんでした。

クセになる旨さ!! 酸辣湯麺(スーラータンメン)

とにかく寒いので、早く暖かいものが食べたいと思うだけです。
皆頼むものは同じ、「酸辣湯麺」でした。

チョットしょっぱいなと言う人もいましたが、それほど感じませんでした。
私的には、もう少し酸っぱさが欲しかったです。
ラー油の辛さも丁度よかったです。
麺は細麺で、量も結構ありました。

まとめ

冬場の山頂のゴルフは大変ですね。
セカンドショットはグリーンを直接狙えないので、ほとんど手前にショートです。
手前に外しての、寄せワン狙いです。
グリーンに乗せたら、奥まで行ってしまい、寄せワンは取れません。
バンカーも砂の下の土が凍っているので、跳ねました。
風の読みが難しくて、150yを5Uで打っても乗りませんでした。
でも、4Uで打って乗ったら、奥のOBかもしれません。
上がりの4ホールは、グリーンも溶けてきて表面は柔らかくなってきました。
芝が刈っていないので、溶けてくると急に重くなります。
4ホールで、3パット2回と4パット1回打ってしまいました。
スコアを気にしなければ、いろんなマネジメントが出来て、勉強になりますね。
大間々ゴルフクラブは、基本的には簡単で、バンカーも少なく初心者にもやさしいコースです。
レギュラーティーからなら、ベスグロが狙えるコースです。
バックティーは、平均40y程度後ろなので、かなり難易度は上がります。
レギュラーとバックで、最長100y違うホールもあります。
来年気候が良くなったら、是非また行ってみたくなりました。

GDOでチェック
楽天GORAでチェック
LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る