飛距離アップレッスン①ボールは「ぼんやり」見て打とう

ゴルフのスイングを修正していく上で、気を付けることは、ワンポイントだけです。
あれやこれとややっているうちに、多すぎて何もできなくなります。

今回からは、【安楽拓也の痛快!飛ばし塾】を紹介したいと思います。
動画は短いので、本当にワンポイントだけです。
動画なので解りやすいのですが、解説をしながら紹介して行きます。

飛距離アップレッスン①ボールは「ぼんやり」見て打とう

ドラコンプロの安楽拓也プロですが、このビデオは決してドライバーの飛距離アップだけのビデオではありません。
スイングの基本がたくさん詰まって、論理的に解説するのですが、安楽プロは早口で淡々と話すために理解しにくい人も多いと思います。

ここで大切なことは、次の事です。
ここでは、ドライバーのティーショットを対象に解説します。

ボールとクラブヘッドを離してセットアップする。

クラブの最下点は、体の中心が最下点になるということ。
クラブヘッドを体の中心にセットしてください。

ボールを見すぎる事で、体の中心で捕らえようとする動きが出てしまうこと。
ボールではなくクラブヘッドを見ることで、ボールは視界内の収まります。

クラブフェイスが最下点でスクエアになる為、インパクトは自然にアップライトでクラブフェイスは少し閉じてインパクトを迎えます。
スイングでアッパースイングで振ってはいけません。
あくまで体の中心で、最後まで振り切ることを意識しましょう。

これによりボールに当てに行かないスイングになるので、ヘッドスピードは、かなり上がります。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る