確実にパーを取るパー5!【パープレーの教科書】

確実にパーを取るパー5!。こだまゴルフクラブ、11番H、480yパー5です。
飛距離の出る人なら、ツーオンを狙いたくなるようなパー5です。
殆どの人が、ウッドを持つと思います。
パー5のセカンドショットで、ショートアイアンを持てるようになったら、シングルです。

確実にパーを取るパー5!【パープレーの教科書】

このビデオは、飛距離の出ない一般的なゴルファーを基準に考えていますので、
※「ドライバー キャリー200y」
「9番アイアン キャリー100y」
の飛距離でパープレーを目指すレッスンとなっております。

夏場のラフは危険です。

つい飛距離に任せて、パー5のセカンドショットを少しでもグリーンに近づけようと、ウッドを持ちたくなりますが・・。
ここが落とし穴なのです。
ロングアイアンやウッドが、ラフで抜けが悪くてミスショットにに成ったり。
又、ラフに入ってしまい、3打目やアプローチが難かしくなったりします。

パー5は、確実に狙ってパーを取る

あわよくばバーディー、などと欲をかいて中途半端なマネジメントが命取りになります。
セカンドショットの距離が、230y前後でも、確実に乗せる確率が低ければ、絶対に3オンさせるマネジメントが必要です。
その為には、「3打目はフェアーウエイからの鉄則」です。
いくら100y以下のアプローチでも、ラフから打ったのでは、100%のショットは出来ません。

3打目をフェアーウエイから打てれば、バーディーもあるOKパーが狙えます。
3打目をラフから打ったのでは、ボギーもある、やっとのパーなのです。

スコアを縮めるには、パー5で4個パーを取ることです。
1日を振り返って、パー5のホールで全てパーが取れたかチェックしましょう。
全てのパー5でパーが取れるようになった時、あなたは成長しているのです。
GDOでチェック
じゃらんゴルフでチェック
楽天でチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る