マークを移動したのを忘れてそのまま打ってしまった

マークを移動したのを忘れてそのまま打ってしまった。よくあるケース。
どの様に対処したら良いのでしょうか。戻して打ち直ししなくていいの?
DSC_2741

マークを移動したのを忘れてそのまま打ってしまった

自分のマークが同伴プレーヤーのライン上にあり、ボールマーカーを 横に動かした後に それを元の位置に戻さずに 打ってしまった場合は,誤所からのプレーで 2打罰 になります。(マッチ・プレーでは そのホールの負け)
そして、誤所からプレーされたボールでホールアウトしなければいけません。間違い易いので注意してください。

正規の場所より打ち直しをしないようにしてください。もし打ち直しをすると合計4打罰になります。

戻し忘れ防止策

1.同伴プレーヤーがプレーを行うのを待っていて、すぐに戻す習慣をつける。後で戻した、戻していないとかのトラブルにならないように、「マークを戻します」と伝えましょう。
2.マークの絵柄が表と裏ではっきり違うマークを使用して、通常使用は表、移動した時の使用は裏向きと自分で決めておきます。
表のマーカー
DSC_2734

裏向きのマーカー
DSC_2736

移動してもらった場合

同伴プレーヤーに戻し忘れが無いように、エチケットとして、お礼を言いましょう。
「マークありがとうございました。」というように、戻してもらいましょう。
移動してもらって、同伴プレーヤーがペナルティーとなるのは、気持ちのいいものありません。

—————————————————————————————————————

規則20-7c

競技者が誤所でストロークを行った場合、競技者該当する規則に基づいて2打の罰を受ける
誤所からのプレーの重大な違反でなかった場合は(注1参照)、競技者は誤りを訂正することなく、誤所からプレーされた球でそのホールを終えなければならない。

規則裁定 20-7c/2
誤所からパットしたことに気付き、球を拾い上げて正しい箇所からパットをやり直す

質問:ストロークプレーで、競技者Aが自分のボールマーカーの近くにあった競技者Bのボールマーカーの前に球を置いてパットした。
球はホールから1フィートの所で止まったが、そのときになって誤りに気付いたAは、その球の位置をマークしないで拾い上げ、自分のボールマーカーの前にプレースし直してパットしそのホールを終えた。この場合、どのように裁定すべきか。

回答:競技者Aが競技者Bのボールマーカーの前に球をリプレースしてパットした時点でAは誤所からプレーしたこととなり、2打の罰を受ける(誤所からプレーされたその球はインプレーである)……規則20-7c。
そのあと、Aはホールから1フィートの所にあった自分の球をマークせずに拾い上げたがそれをリプレースしなかった。このため、Aは規則20-1の違反に対する一般の罰(2打の罰)が追加となる……規則20-1中段参照。
したがって、Aは合計4打の罰を受ける。 (旧裁定20-7b/2-2004年小改訂)

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る