上りのパットを残すべし!【パープレーの教科書】

パープレイで回るには、徹底してハザードやOBを避けなければいけません。
上級者の方とラウンドする時に参考になるのが、その避け方の徹底ぶりです。

ティーショットの落ち処のフェアウエイバンカーやOBは絶対に打たない、絶対避けるということ。
グリーン周りのバンカーなど、逃げ方や打ち方などを勉強しましょう。

上りのパットを残すべし!【パープレーの教科書】

 

普通に打てば超えるだろうと考えるフェアウエイバンカーも、100%安全ではありません。
セカンドショットのバンカー越を考えると、絶対に入れてはいけない左のバンカーです。
もし入ってしまうと、バンカーからバンカーのはしごも考えられます。
ティーショットで左のバンカーさえ避けられれば、それほど難しいホールではないかもしれません。

ここで大事なのは、「多分大丈夫」ではいけないということです。
「絶対に入れない」「絶対にプッシュアウトしない」という決意です。
セカンドショットも、「絶対にダフらない」「絶対にオーバーさせない」という意思です。

「避けるべき場所は、徹底して避ける」これがマネジメントであり、ゴルフのスコアの組み立てにつながるのです。
バクチや可能性を信じたゴルフでは、まぐれでしか良いスコアが出ないということを、覚えておきましょう。
GDOでチェック
じゃらんゴルフでチェック
楽天でチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る