フワリとボールを上げて止めるロブショット

【広告】

アマチュアの人で、ロブショットが得意という人は少ないはずです。
出来るというのと、本番で使えるというのは違いますよね。
失敗しない自信がないと、いざ本番では使えないですよね。
出来ると見ていてもカッコいいロブショット。
カッコいいからだけでなく、アプローチの引き出しに是非入れてください。

フワリとボールを上げて止めるロブショット

ロブショットは、バンカーショットと同じで、振り切る勇気が必要になります。
クラブフェイスを開いて、ボールは左よりに置いて、振り切る。
頭では解っているのですが、自信がないとできません。
「どんな自信」かというと、振っても飛ばないという自信です。
自信が無ければ無いほど、フェイスを開けば良いのです。
アマチュアゴルファーで多いのが、思い切ってクラブフェイスを開けないことです。
思いっきり開いて、ボールの下をくぐるような、ダルマ落としみたいなショットを打ってみましょう。
ポコンとボールが上がって、全然飛ばないショットが打てれば、飛ばない自信が持てるようになります。
この、「思いっきり振っても、飛ばないんだ」という自信こそ、ロブショットの第一歩です。
ボールの下をクラブフェイスがくぐり抜ける感覚です。
ボールを真上に飛ばすことです。
真上に飛ばして、1~2mのロブショットが打てるようになったら、かなりの自信につながりますよ。
あとは、少しづつ距離を伸ばしていけばいいのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る