頭が突っ込む原因は、股関節です。

今自分で悩んでいるのが、顔が残らず肩の回転と一緒に左を向いてしまうことです。
頭が動いてしまう原因はいろいろありますが、前後左右に動いてしまうのは、スイングの軸がブレるからです。
そんな悩みを見抜いてしまう桃子プロはすごいですね。

頭が突っ込む原因は、股関節です。

頭が前後に動いてしまう。
全景が崩れて上半身が前後に動いてしまう。
アベレージゴルファーの方の典型的な悩みですね。

頭や上半身が動いてしまうのは、回転軸が出来ていないからです。
回転軸をしっかりと安定させるためには、トップの位置で股関節に入れることです。

全ての原因は、右の股関節が入らないこと。

トップの位置で股関節にしわが出来ない。
右股関節が伸びてしまっている。
トップで腰が後ろ方向を向いてしまう。
重心が右足の母指球に乗っていない。

右足に重心移動してトップを作る際に、「コマネチ」のように股関節にしわがよることです。
このしわが無くて、腰が伸びあがってしまうと「腰抜け」といって、股関節が抜けてしまっせいる状態です。
これが原因で前傾が崩れて伸びあがってしまうのです。
桃子プロがうまく解説してくれているので、参考にしてください。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る