【驚愕】伸び上がりと起き上がりは治らない

【広告】

ゴルフのスイングで、前傾をキープしたまま打てとか。
腰が前に出て、伸び上がっているよなどと悪い見本のように言われるけど・・
直そうと思っても治りません。
気を付けて、注意しながら一所懸命努力するのですが、一向に良くなりません。

【驚愕】伸び上がりと起き上がりは治らない

もう、アドレスを見ただけで、母指球に重心が乗っておらずに、おしりが後ろに突き出て構えている人。
スイングする前から、インパクト時に腰が前に出そうなのが、想像できます。
プロのアドレスと見比べてみても、悪い個所は一目瞭然ですよね。

股関節を入れて前傾し、足の母指球に重心を乗せて、腕の力を抜いてダラーンと垂らす。
そのままクラブをブリップして構えるのが、正しいアドレスです。
と、ここまではレッスンプロも教えるでしょう。

スイングをスタートして、テイクバックまでは前傾をキープ出来ていても、切り返したらインパクトの動作に移行する瞬間に・・
腰が前に出て、上体が起き上がってしまうのです。

上手く当たるはずがありません。

アドレスした状態と違う形でスイングしているので、いくらアドレスできちんとボールとクラブをセットしても、まともに当たるわけがありません。
ボールとの距離感も変わる為に、トップやダフリ、ヒールや先っぽに当たって、クラブフェイスの真ん中には当たらないのです。
このような状態で、ナイスショットを練習しても、ナイスショットが出ること自体が不思議です。

まともに当たらないスイングで、まともに当てようとするので、力強いスイングが出来るはずはありません。
まして、「腰が引けないように」「起き上がらないように」「顔を残して」などと注意することがたくさんある状態でスイングしても、まともには振れません。

「腰が引けないように」「起き上がらないように」を練習しても治りません。

注意するポイントが違っているのです。
「どうして起き上がるのか?」「どうして、腰が前に出るのか」を理解することです。
「起き上がらないように注意する」のではなく。
「起き上がらなくてもいい」良いスイングに修正することなのです。
では、その原因って何でしょう!

それは、手を上げることなのです。

人間は、手を上げて振り下ろす時に、力を入れれば入れる程、腰が前に出て、上体は起き上がるのです。
根本的な原因を修正しない限り、治りません。
基本的に、腕とグリップはいつでも胸の前です。
胸の右や上には行きません。

体は回しても、腕は振りません。
いつも胸の前でキープしたまま、回転するのです。

腕が胸の前から外れて、「胸から上に上がった時」「胸の前から左に移動した時」に、元に戻す動作が必要になります。
これが「腰が前に出る動作」と「上体が起き上がる動作」になるのです。

どうしたら直せるのでしょうか?

一言でいえば、「腕とクラブはゴムホースにすること」です。
色々話すと難しくなるので、ゴムホースのたとえが一番簡単です。

簡単に言うと、スイングのスタートと切り返しをイメージしてください。

一般のアマチュアは、

  1. クラブの上げることからスタートします。
  2. 肩を回して、捻転を深くします。
  3. 体がきつくなるので、腰を右に回転します。
  4. 切り返しは、上げた腕を下すことからスタートします。
  5. この時に腰が前に出て、上体が起きるのです。
  6. 腰が前に出るので、腰が回転できません。

プロのスタート

  1. 右足に重心を移して、腰を右に回転を始めます。
  2. 腰の回転の次は肩と胸が回転を始めます。
  3. 腕とクラブはゴムホースなので、胸に引っ張られる状態で、一番最後に上がり始めます。
  4. 決して腕を上げる動作はありません。
  5. トップに位置でも、前傾を元に戻すと腕は胸の前にあるのです。
  6. クラブがトップの位置に差し掛かる直残から、腰の回転からスタートします。
    これが下半身リードと言われるゆえんです。
  7. 下半身の回転が始まっても、上半身の回転は始まりません。
    クラブと腕はトップの位置にとどまったままです。
  8. 腰の回転で、引っ張られるように上半身が回転してきます。
    ここでは起き上がるどころか、上体が沈み込むような動作をします。
    この時間差が、「タメ」と言われる動作になるのです。
  9. 下半身に引っ張られるように、上半身が回転するために、起き上がる動作が必要なくなるのです。
    下半身リードが強くなれば成る程捻転差が生まれて飛距離が伸びます。
  10. ゴムホースのように、腕とグリップの力が抜ければ抜けるほど、回転した方向にしか振られない為、
    いくら速く回転して、速く振っても曲がらないスイングが出来るのです。
  11. 力が入ってくると、曲がり始めます。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る