【飛ばさないで打つ】曲がり幅をコントロールする!

【広告】

ここのところしばらく飛距離アップばかりテーマとしてきました。
確かに飛距離アップはスコアを縮める為には欠かせないテーマです。
しかしボールが飛ぶということは、「もろ刃の剣」ということわざがあるように、一長一短なのです。
何処のホールでも300y飛ばしていてはゴルフになりません。
風の強い日に3Wや5Wでティーショットしたのでは、風の影響を受けすぎます。
今日は、出来るか出来ないかは別として、ドライバーで飛ばさない方法を勉強しましょう。

飛距離と方向性をアップさせるために曲がり幅をコントロールする!?

シングルプレーヤーを目指す為には、バックティーから長い距離のコースを攻略しないといけません。
当然、200y近いセカンドショットを打てないといけないので、飛距離が出ることは当然有利なのです。
しかし、飛ぼがゆえに、ボールが曲がってしまったり、何時もフルショットばかりではスコアは縮まりません。
飛距離をコントロールしたり、絶対に逆方向に曲がる逆玉が出ない打ち方を覚えましょう。
高い球、低い球も打てるようになると、アゲンストやフォローの風の時には有利になります。

最近のクラブは、慣性モーメントが高くて、曲がらないクラブが多くなってきました。
曲がり方や曲げ方が判ってきたら、練習場でたくさん練習してください。
どの位カットに振ったらどの位曲がるのか、練習しておかないとコースでは使用できません。
逆方向に曲がらないように、曲げて打つことが出来れば、OBが無くなります。
LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る