バンカーに泣かされました!。(赤城国際CC)

【広告】

5月だというのに、今年は特に早い真夏日です。
下界では、35度の温度になるというのに、赤城山の南面は、すごく爽やかな気温です。
これからは、涼しいゴルフ場が良いですね。
すごく気持ちいい。ぜひ時間に余裕をもって行ってください。

前橋市内を見下ろす練習場は、250yあります。
今日は晴れているので、正面に群馬県庁が見えます。
ここの練習場は、100円の硬貨が必要なので、準備していきましょう。

朝の通勤ラッシュを警戒して、早めに到着しているので、練習場やアプローチの練習、パター練習と時間をかけて練習できます。
グリーンの傾斜が難しく、アプローチの球が止まりません。
是非ともアプローチの練習は、やっておきましょう。

西コースNo5。パー4(Champ432y、Reg382y)を紹介します。

ここ赤城国際CCの黒ティーは、本当にチャンピオンコースにふさわしく、本当に長いので、腕に自信のない方は、白ティーをお勧めします。
自信のある方は、青ティーでどうぞ!。

ここのコースは、何処も好きなホールはないのですが、このホールも嫌いなホールのひとつです。
直角に右ドッグレッグしていて、曲がり角の右側に大きな木があり、そこから打ち上げの200yです。
フェアウエイは、左に傾斜しているので、真ん中に打ち出すと、左に流れて行ってしまう為、グリーンからどんどん遠くなってしまうます。
セカンドショットは、打ち上げの250yは覚悟しないといけなくなります。
ティーショットは、勇気をもって、右側の樹木ギリギリを狙って打っていきます。
ツーオン出来ればまぐれですが、グリーンがまた難しいので、なかなかパーが取れません。
ボギーでOKです。パーはバーディーに匹敵します。
簡単にダボが来るホールです。

今回は、右に打ち過ぎて林の中でした。
斜めに出して3オン出来ずに、4オン1パットのナイスボギーでした。
ミスしてボギーは、本当にナイスなのです。

No7・8・9とバンカーづくめでした。

西の7番も右ドッグの長いホールなので、フェアウエイセンターから左目狙いで打っていかないと、セカンドショットが打てなくなります。
チョット左過ぎてバンカーにつかまってしまって、ラッキーなのかアンラッキーなのか判りませんが、バンカーでよかったと考えます。

つま先下がりのバンカーショットです。
確実にバンカーアウトを狙いますが、グリーンまでは200y以上あります。
6Iでそこそこ出せて、3オン2パットのボギーでした。

次のNo8パー3で、バンカーが試練を与えます。

打ち下ろしのパー3なので、上から落ちると目玉になりやすいのです。
行ってみると、目玉というより鳥の巣状態です。
砂はかなり柔らかく、多そうです。
クラブを閉じようか開こうか迷う状況ですが、あごも高くカップも遠くないので、開いて上に飛ばす作戦でしたが、手前に入り過ぎて脱出できずダボでした。

ランチは、春キャベツの塩ラーメンをいただきました。

初めてみるメニューだったので期待したのですが、塩ラーメンに背油がかかっていました。
あっさりタンメン系の塩ラーメンを意識していたので、期待外れでした。
年配者には、背油はイマイチですね。

結局1ラウンドで、バンカーショットを7ストロークも打ってしまいました。
バンカーで、パーを取れたホールはひとつもなく、バンカーに入ったホールで8ストロークも落としてしまいました。
バンカーに入れたショットが下手なのか、バンカーに入れてしまうマネジメントが悪いのか。
バンカーショットが下手なのか判りませんが、バンカーが多すぎでした。
でも、何とか80台でまとまったので、満足してます。

GDOで赤城国際CCをチェック
楽天で赤城国際CCをチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る