【簡単】出来ないことはやらないアプローチ

【広告】

上級者の方とプレイすると、アプローチとパターのうまさに驚きます。
本当にアプローチとパターが上手です。
更にプロとラウンドすると、驚愕されます。
どうしてあんなことが出来るのだろうと・・。

皆さんも同じようなアプローチだ出来たらいいな、やってみたいと思って練習に励んでいると思います。
しかし、自己流で上級者のようなアプローチを身に着けるには、かなり時間と経験が、求められるのです。

今日は、自分に出来ることしかやらない、簡単なアプローチの考え方を覚えましょう。

【簡単】出来ないことはやらないアプローチ

 

アプローチの上手い方は、技の引き出しがたくさんあって、すごいあんなの出来たら格好いいね。
などと思わせる、止まるアプローチやロブショットなどを使い分けます。
しかし、これが相当の練習と経験を積まないと出来ないのですよね。

練習場でも芝の上で練習できないアプローチ。
ゴルフコースでも、試合などで使用されるコースでないと、アプローチ練習場を完備されているコースは少ないです。
アプローチの練習場があるコースに行ったら、出来るだけたくさん時間をとって、アプローチの練習をしましょう。

キャリーとランのイメージがつかめない。

ほとんどの皆さんが、アプローチといえばSWと考えるでしょう。
30yといえば、SWで止まるボールを使って、30ヤードキャリーで打って、トントンと止まるイメージを描いているかもしれません。
しかし、大きなグリーンや上り傾斜のグリーンなど、転がしが使えないと寄らないグリーンはたくさんあるのです。

アプローチにSWはいらない。

実際、SWを使用しないといけないケースは少ないのです。
SWを使用すると、キャリーで飛ばさないといけない距離が多くなり、振り幅のコントロールが難しくなるのです。
AWやPWを使用すると、振り幅が小さくなって、ミスが少なくなるのです。
あとは、ランで転がるイメージを練習するだけです。

SWを使って、ザックリや、トップ、バンスが跳ねてのミスなどのミスショットは少なくなります。
いつも硬くて速いグリーンで試合をしているプロは、必ずピンを狙いません。
絶えずどこに落として、何ヤード転がるというイメージで考えます。
上手くなるには、何ヤード打つから、何ヤード転がすという発想が必要なのです。
発想を転換して、やってみましょう。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る