池に入りそうなのでボールを変える

女性プレーヤーが綺麗なカラーボールを使用していてます。
池越えのティーショットの場面で、池に入る可能性が高くもったいないので、無くなってもよい拾ったボールに変えたいとのこと。
ルール上の問題は?

093

ボールの交換はティーショットの前に交換すれば問題なし

ボールの交換をする場合は、マーカーか同伴プレーヤーにボールの交換を申し出て確認を取りましょう。
確認を取っていないと誤球と勘違いされる場合があります。
規則上、プレーヤーはティーインググラウンドからプレーした球でホールアウトしなければならない。
セカンドショットが池に入りそうな場合は、ボールの交換は出来ません。
又、カラーボールでティーショットをして、池に入りそうな場面だけ白いボールに交換し、
さらにグリーン上はカラーボールに戻すことも出来ません。

1ホールのプレー中にボールを変えると2打罰です。

ティーグランドからスタート後にボールの交換をすると、2打罰を受けます。
取り替えられた球がインプレーの球となり、取り替えられた球でホールアウトしなければいけません。

————————————————————————————-
規則裁定:15/6.5 確認しやすいように、1ホールのプレー中に、球を取り替える

質問:プレーヤーAとBは同じマーキングの球でプレーしていることをパー5のホールのティーショットを打ったあとで気付いた。
球の止まった位置関係で、Aは、どちらが自分の球か分かっていたので、以後の混乱を避けるために、第2打を打つ前に自分の球を拾い上げ、違うマーキングの球に取り替えてそのホールのプレーを終えたが、そのようなことは許されるか。

回答:許されない。規則上、プレーヤーAは、球を取り替えることはできない。
マッチプレーでは、プレーヤーAはそのホールの負け……規則15-2。
ストロークプレーでは、競技者Aは誤って球を取り替えたことに対して規則18に基づく2打の罰を受けるが、承認なしに球を拾い上げたことに対する追加の罰はない(規則15-2および規則18罰則規定参照)。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る