【新ルール】空振りでティーから落ちた球は、無罰で再度ティーアップ出来る

【広告】

2019年のルール改正で、テーグランドの規則が変わりました。

名前を「ティーグランド」から「ティーイングエリア」と呼ぶようになります。

テーイングエリアで、ストロークした球はインプレーとなります。
インプレーの球がティーイングエリア内にある場合、無罰でその球を拾い上げて、再びティーアップしてプレーできます。
その際に、別のボールに交換することもできます。
もちろん、落ちたところからあるがままにプレーすることもできます。

テーイングエリア内での再テーアップによる打ち直しは、第2打になります。

【新ルール】空振りでティーから落ちた球は、無罰で再度ティーアップ出来る

881345

空振りでティーから落ちたボール

ティーショットを空振りして、風圧でティーからボールが落ちてしまいました。
ティーグランドなので、再度ティアップできると思いティーアップして打ちました。
この時の処置は?2打目、3打目、4打目ですか?

  1. ストロークする意思を持って空振りしたので、1打終了です。
  2. 正しい方法は、ティーから落ちたボールをそのまま2打目としてプレーします。
  3. 2019年のルール改正で、無罰でティーアップ出来るようになった為、2打目としてティーアップできます。
    以前のルールだとティーアップしての打ち直しが3打目となりました。

空振りした後にティーの高さを調整した

  1. ストロークする意思を持って空振りしたので、1打終了です。
  2. 正しい方法は、空振りをした時点で、ティー上のボールはインプレーの球になっていますから、そのまま2打目としてプレーします。
  3. 触ってしまっても、拾い上げても無罰になりました。
    ルール改正前は、触ったり動かしたりした罰が付いてしまいました。

素振りでティーから落ちたボール

  1. 素振りは、打つ意思がないのでストロークになりません。
    無罰で再ティーアップできます。
  2. 素振りでボールに当たってしまっても、まだインプレーになっていない為、無罰で再ティーアップできます。

———————————————————————————————————————–

規則6.2b(6) インプレーの球がティーイングエリアにある場合。
プレーヤーのインプレーの球がストローク後に(例えば、ティーアップされた球を空振りした)、
または救済を受けた後にティーイングエリアにある場合、プレーヤーは次のことができる:
••罰なしに球を拾い上げたり、動かす(規則9.4b例外1参照)。そして、
•• (2)に基づいて、ティーイングエリアからティーアップ、または地面から
その球か別の球をプレーするか、球をあるがままにプレーすることもできる。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る