貴方のアドレス何時何分ですか?

貴方のアドレスは何時何分ですか?

adress1103

今回はアドレスについて考えてみましょう。
理想のスイングを作っていく上で、ひざの動きを抑えるということが大事になってきます。
段々上達することによって、ひざが動かなくなり、股関節がしっかり入って捻転することが大事になってきます。
左右の壁を意識して、下半身をキープしたい人は、12:00が良いでしょう。
現在私も、12:00ですが11:00に検討中です。
トップで右ひざが動く欠点を修正中なのです。
捻転を大きくしようとすると、右ひざが動いてしまう。
今の自分テーマであります。大きなフォロースルーとしっかり回りきったフィニッシュを習得するためには、12:00はちょっときついです。
捻転とフォロースルーを楽に出来るようになるのは、少し開いた方が楽に回転できるのです。
人によって開き方はまちまちですが、楽に回れることを優先すると、下半身と上半身が一緒に回転してしまいます。
捻転差が作られないスイングになりがちです。
下半身リードを意識したスイングは、ある程度の壁があった方が良いでしょう。
年齢で体が硬い人は、少し開いた方が良いでしょう。
体の柔らかい女性は下半身のしっかりした12:00でもいいでしょう。

プロのアドレスはどうなっているの?

ゴルフダイジェストの調べによると、10:05分から11:05が多いようです。
一番多いのが11:00から11:05の間が多いようです。
右足はほぼ真っ直ぐ、左足を少しだけ開く感じですね。

目的をもって使い分ける

人によってスイングも体の固さも皆違うので、目的をもって使い分ければいいでしょう。
スイングを作って練習中の人は、12:00が良いでしょう。
しっかり母指球に重心が乗って、前傾キープと重心移動と捻転差が解ること。
下半身が安定してきたら、少しずつ開いて行けば良いと思います。
LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る