インテンショナルショット(上級編)

インテンショナルショットの高度な打ち方

インテンショナルショット(初級編)で、ボールの置く位置だけでボールの軌道が変わることが理解出来たでしょうか?
なぜボールの位置だけで弾道が変わるのでしょうか。
ボールを左に置くと、スイング軌道がインアウトにクラブを振れない為、自然にスクエアからアウトインに修正されるのです。
ボールを右に置くと、アウトイン軌道ではスイングできません。
自然にスクエアからインアウト軌道になります。

スイング軌道を修正する

DSC_0857-ds

スイング軌道がアドレスと同じスクエアに振れていないと、真っ直ぐには打てません。
スイング軌道がスクエアでも、フェイスの向きがスクエアでないと、真っ直ぐ飛びません。
又、グリップの向き、位置に狂いが有っても気が付かない人が多いです。
スライスしか打てない人。
ドローしか打てない人は、どこかがスクエアになっていないのです。
インテンショナルショットを練習することで、なぜ曲がるのかが理解できるようになります。
自分のスイング軌道を修正することが出来ます。
又、スクエアに打てないと、ドローやフェードのコントロールショットがどちらかが打てないことになります。

インテンショナル・フェードの打ち方

DSC_0857-f

  1. 目標方向とボールの打ち出し方向を飛ばす距離をしっかり確認します。
    使用するクラブは、7・6・5アイアンが良いでしょう。
    UT・FWでも良いのですが、ボールの反発力が良いので曲がり具合が少なくなります。
    曲げる度合いと飛ばす飛距離で選定してください。
  2. クラブのフェイスを目標方向にセットします。
  3. ボールを打ち出したい方向にアドレスします。
  4. ここでグリップを握り直すか、確認してください。
    スクエアに握っていて、アドレス時にフェイスを目標に合わせているだけの場合があります。
    胸の前でグリップを確認した時に、フェイスは時計の1時から2時程度に開いていることになります。
  5. ボールの位置は使用するクラブや曲げたい度合いによって異なりますが、センターから左寄りです。
    センターから右よりは無いです。
  6. 後は自分を信じて何時もの通り、アドレス通りにスイングしましょう。
    わざとアウトインに振る必要はありません。
    ここでスイングの軌道を変えてしまうとミスショットの原因になります。
    インテンショナルショットはダフリやトップが出やすいので、しっかりレベルにスイングして、
    しっかりフェイスにボールを乗せることを意識しましょう。

インテンショナル・ドローの打ち方

DSC_0857-d

  1. 目標方向とボールの打ち出し方向を飛ばす距離をしっかり確認します。
    使用するクラブは、PW・9・8・7アイアンが良いでしょう。
    ロングアイアンほど難しくなります。
    UT・FWはプロかよほどの上級者でないと打てません。
  2. クラブのフェイスを目標方向にセットします。
  3. ボールを打ち出したい方向にアドレスします。
  4. ここでグリップを握り直すか、確認してください。
    スクエアに握っていて、アドレス時にフェイスを目標に合わせているだけの場合があります。
    胸の前でグリップを確認した時に、フェイスは時計の10時から11時程度に閉じていることになります。
  5. ボールの位置は使用するクラブや曲げたい度合いによって異なりますが、センターから右寄りです。
    センターから左よりは無いです。
  6. 後は自分を信じて何時もの通り、アドレス通りにスイングしましょう。
    わざとインアウトに振る必要はありません。
    ここでスイングの軌道を変えてしまうとミスショットの原因になります。
    インテンショナルショットはダフリやトップが出やすいので、しっかりレベルにスイングして、
    しっかりフェイスにボールを乗せることを意識しましょう。

以外にやってみると簡単に出来ます。
後は経験値です。経験して練習するのみです。
練習場に行って、真っ直ぐばかり打たないで、100y~150yを右から左から曲げて打つ練習が必要です。
7Iで真っ直ぐ150yならば、フェードでどのくらい曲げると140yとか感覚で掴んでください。
アゲンストの場合、この位曲げるといつもより曲がりすぎる、という感覚を覚えてください。
右からの風で、この位曲げると、風と喧嘩して真っ直ぐなボールを打つことが出来るということ経験してください。
ここからが、奥の深い、シングルプレーヤーのドアが開くのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る