シャフトのトルクとは何?

shaft22

シャフトのトルクとは何?

シャフトの固さの表記でフレックスという表記があり、シャフトの固さの基準になっています。
しかし明確な規格や基準が無く、各メーカーやシャフトの種類によって、基準が異なります。
同じメーカーでも、シャフトが変わるとSよりRの方が硬い、なんてことが発生します。
硬さを数値化するには、振動数やセンターフレックスと云われる数値が有りますが、
一般的にシャフトメーカーやクラブカタログには、表示されていません。
そこでカタログに表記されている「トルク」を参考に見てみましょう。

トルクとは何?

  • シャフトのトルクとは、シャフトのねじれ具合を数値化した値です。
    数値が大きいほど、良くねじれる。数値が小さいほど、ねじれが少ない。
  • トルクとは、「車のハンドルの遊びの様な物」とよく言われています。
    ドライバーのヘッドがスイング中にトップでねじれて、インパクトで戻ってくる。
    トルクの大きいクラブ程、戻りが大きくミスの許容差が大きく、アベレージゴルファーやヘッドスピードの遅い人に適しています。
    逆に、パターの様にトルクの関係ないクラブは、手首のチョットした動きやスイングのばらつきが、直接クラブフェイスに影響するように、
    トルクの数値の小さいクラブは、上級者向けのヘッドスピードの速い人に適しています。
  • トルクの数値が、ボールの曲がりに左右する。
    ヘッドスピードの速い人が、トルクの大きなクラブを振ると、クラブヘッドがねじれ過ぎて、インパクトで戻ってこなくて大きく右にプッシュアウトしたり、つかまり過ぎてチーピンが出たり、どこに行くか解らないクラブになってしまいます。
  • シャフトが硬いほど、トルクが小さい。
    一般的にシャフトが硬くなるに従い、重く、トルクも小さくなります。
    シャフトの先調子~元調子によって若干の差が出てきますが、それがシャフトの特性となって表れるのです。
    クラブやシャフトを選ぶときに、トルクの数値を参考にしてみてください。
  • メーカーやクラブによっての違い
    参考にゼクシオのシャフトとTourADの仕様を下記に載せました。参考にしてみてください。
    ゼクシオのSはトルク5.7です。TourAD-GP6のSは3.1です。
  • ヘッドスピード別、選考基準
    ヘッドスピード40m/s以下の人・・・5.0以上
    ヘッドスピード40~45m/sの人・・・4.0前後
    ヘッドスピード45m/s以上の人・・・3.5以下
    曲げたくない人・・・小さ目
    球をつかまえて飛ばしたい人・・・大き目
    操作性を高めたい人・・・少な目

XXIO ゼクシオ MP800のシャフトを見てみましょう。

硬度 調子 重さ(g) トルク
S 48 5.7
SR 46 5.8
R 43 5.9
R2 42 6.0
グリップ ゼクシオ エイト専用DSTフルラバーカラーグリップ(ロゴ入り)

Tour AD GPのトルクを見てみましょう。

gp_6s1

モデル 重量(g) トルク(deg) フレックス キックポイント
GP-4 47 5.7 R2 中調子
R1
48 S
GP-5 55 4.3 R2
56 R1
57 S
GP-6 64 3.1 SR
66 S
67 X
GP-7 75 2.9 S
76 X
GP-8 84 2.7 S
85 X

関連記事

記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る