人のパターを見るべきか?見ないべきか?

【広告】

人のパターを見るべきか?見ないべきか?

昨日の月例ゴルフでの出来事。
運よく台風と台風の間の秋晴れに近い、最高のゴルフ日和でした。
台風の影響か、プレー前日の雨の影響か、グリーンが柔らかく、メンテナンス不足ですごく遅い。
なかなかタッチが合わせられずに試行錯誤を繰り返していました。
組み合わせは、Aクラスはハンディーキャップ15以下の少ない人から多い人まで平均に組み合わせになります。
パターは不思議なもので、ハンディーの少ない人程、ゴルフの回数が多いせいか、その日のグリーンのコンディションを気にするようです。
ハンディーの多いプレーヤー程、気にせずポンポンと打って行くようです。

golfers-661792_640

人のパターを見るべきか?見ないべきか?

  • パターの先生
    パターの同じラインで先に打つ人の事を「先生が付いた」とかいって、ラインを教えてくれる人のことを云います。
    ボールの転がりの速さ、曲がり具合を見せてくれるので、すごく参考になります。
    プロの場合、ラインが解っていれば、かなりの確率で入れてきます。
  • グリーンの転がり速度を参考にする。
    長いラインの登りや下りのパットは、ボールの転がる速度と転がり具合がかなり参考になります。
    登りはブレーキがかかって止まってしまうグリーンでも、下りのラインは速度が速いとか。
  • 見るか見ないかは、意見が分かれます
    参考になる場合は見ればいいし、見てもその通り打てないので、自分を信じて見ない人もいます。
    かえって、人のパターを見てしまうことによって、余計な雑念が入ってしまうことになります。
  • 昨日の出来事。
    昨日の女性の同伴者で、少し前に流行った、テーラーメードのスパイダーを使用していました。
    同じAクラスで研修会に属しているので、そこそこの腕前です。
    クラブヘッドが軽いらしく、かなりのインパクトでパットします。
    エー、と思うほど、10m位のパットをおそらく5m位はオーバーすると思われる位に、打ちます。
    それが見事に30cmに着くのです。
    それを見ていた私は、自分の速度イメージとの違いに頭の中がパニック状態になってしまいました。
    結局、その午前のハーフは、4パット1回。3パット2回と大崩れです。
    アプローチもグリーンが柔らかいので、ボールが止まってしまい、寄らず入らずでした。
  • 昨日の反省。
    ラウンド後、パターの練習場でパター練習をしていると、それほど悪くない。
    自分の頭の中のタッチとグリーンのタッチさえ合って入れば、問題は無いわけです。
    午後のラウンドは、人のパットは見ないと心に決めていたので、3パット無しのハーフ15パットでした。
  • 見るべきものと見ない物を切り分ける。
    saru
    見ても良い物、悪い物。
    参考になるラインとどうでも良いライン。を切り分けしましょう。
    特に初心者の方やパットのイップスの人、パットの時間の掛かる人。
    見ることによって、イライラや自分の感覚を麻痺させてしまう様な情報は、入れないことに気が付きました。
    ゴルフは、人と行うスポーツですが、対戦するわけでもなく、全て自分一人が作り出す結果のスポーツです。
    相手に邪魔にされるわけでもないのですが、同伴者の行動によって、自分の心と体に大きく影響を及ぼすスポーツでもあります。
    集中するためには、「見ざる・言わざる・聞かざる」も大事になります。

LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る