短いクラブ程しっかり重心移動が必要です。

jasonday

短いクラブ程しっかり重心移動が必要です。

100y前後でグリーンを外して乗らないことないですか。
ガッカリ来ますよね。

「なんて下手なんだ!」と悔しくなります。

気持ちは、ベタピンに寄せてバーディーと考えていたのに・・・

何故なのでしょうか?

  1. ミスりたくないばかりに、捻転が足りず手打ちになるからです。
  2. 正確に飛ばしたい為、小さいスイングになるのです。
  3. 重心移動を抑えた、その場で回転するようなスイングになります。
    クラブフェイスが開いて、つかまらない球になります。
  4. 体が止まって、ヘッドが走り、左へのヒッカケが出ます。

全ての原因は、重心移動が少ないからです。

  1. AW~9Iまでのクラブは、ピンを狙ってラインを出して打ちたいものです。
    ラインを出すということは、つかまった低い弾道のショットの事です。
  2. ライン出しショットは、パンチショットとは違います。
    当てて終わりではなく、低くクラブフェイスでボールを押して打つショットなのです。
  3. ボールを押して打つショットは、下半身のリードが無いと打てません。
    重心をしっかり左足に移動して、下半身から切り返すことで、腕が後から降りてきます。
    腕が後から降りてくることによって、クラブフェイスが立ってくるのです。
    立って降りてきたクラブフェイスを体の回転で、押すのです。
    ボールを打つのではなく、打ちたい方向に押し出していくイメージです。
  4. パチンと打っているうちは、右にも左にも行きますので、グリーンに乗るかは運まかせです。
  5. 左への体重移動と下半身リードを得るためには、しっかり右に重心を乗せること。
    しっかり右に回転しておくことがポイントです。
    下半身リードでスイングするには、重心がしっかり右にないと、リードできないのです。
    右に重心が移動していないと、重心移動ができません。
  6. 右への重心移動が無いと、その場で回転する為、手打ちになったり。フェイスが開いたり。
    体が止まって、引っ掛けが出るのです。
  7. 小さいクラブは、大きく重心移動をすると、ミスをするような気がして怖いのですが。
    勇気をもって、しっかり右に重心を移動して回ることが出来るかどうかです。
    このポイントがすごく重要です。
    これが出来るようになると、70台~パープレイが見えてきます。

怖がらずに勇気をもってしっかり右に移動しましょう。回りましょう。
勇気が自信に変わってきます。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る