レディースのドライバーを打ちこなそう!

adam_scott

レディースのドライバーを打ちこなそう!

奥さんがゴルフをやっていれば、ぜひレディースのドライバーを借りて打ってみましょう。
男性用の1Wとの違い。
1.長さが約1インチ短い。
2.軽さが約10g軽い。
3.ロフトが約1~2度付いている。
4.シャフトの硬さがレディース(L)なので、約2段階柔らかい。

レディースのクラブを打ちこなす目的は、シャフトのしなりを感じることです。
シャフトのしなり戻りを使って打てるかどうかってことです。
シャフト戻りとは、シャフトがCの字に逆にしなる現象です。
柔らかいシャフトで、ただ速く振っただけでは、シャフトはしなったまま、開いてインパクトします。
プッシュアウトかスライスしか出ません。
切り返しで間を取って、下半身リードで振ると間が出来て、シャフト戻りという現象が起きます。
この現象こそ上級者と初心者の違いです。
プロとアマの違いなのです。
シャフトのしなり戻りが使えると、10~20yの飛距離の差が出ると言われています。
シャフトのしなり戻りがヘッドスピードを上げてくれるのです。
レベルの高い話なので、一言で語れないのですが。
一言で言ってみれば、レディースのクラブでナイスショットが打てれば、良いと云うことです。
短くて、軽くて、ロフトが有って、簡単なクラブで打って、ミート率やヘッドスピードが最善の状態です。
最高のショットや飛距離が出ないはずが有りません。
おそらく、何時もの自分のドライバーと同じかそれ以上の飛距離が出るはずです。
もし飛距離が落ちたり、コントロールが出来なければ打ち方に問題が有るのです。
おそらくプロは簡単に打ちこなすでしょう。
柔らかいシャフトを使って打てることこそ、シャフトを選ぶ条件が解ると云うことなのです。
だからこそ、「レディースのドライバーを打ってみよう!」
でなくて、「打ちこなそう!」なのです。
打ちこなせなければ、感覚が解らないのです。
是非挑戦してください。
それからシャフトを選定し、シャフトで20y、ヘッドで20y、打ち方で10y、合計50y飛距離を伸ばすのは可能です。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る