池に落ちた松森のボール。どう思われましたか?。この光景。

世間では、珍事とか言われていますが、皆さんどう思われますか?。
YouTubeにもアップされて、ゴルフ史に残る映像だと思います。

伊藤園レディス 初日(11日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉)◇6639yd(パー72)
伊藤園レディス2日目、日没順延のため持ち越されていた第1ラウンドを15番から再開し、最終18番グリーンにやってきた松森彩夏。
パーオンさせた松森はグリーン上の球をマークして拾い上げ、ふいてもらおうと“いつものように”キャディの方へ球を投げた。
ところが、キャディは下を向いてメモを取っている最中で、頭に当たり、そのままグリーン左サイドに広がる池に入った。

ここまでは、松森のミスで自業自得とでもいうべきでしょうが、声もかけずに投げたボールがキャディーの頭に当たるという始末。
私だったら、ここでマナー違反の罰2を付けたい。
バックを担いでもらっているキャディーさんに、敬意が足りないと思います。
ボールを拭いてもらうのに、投げて渡すな!。と言いたい。

私もテレビを見ていて、悲しいやら、情けないやら、腹が立ってきました。
もし自分だったらキャディーを池には絶対に入れない。
もし入ると言っても入れさせない。
それがゴルファーの精神だと思います。
予選ギリギリで戦っていたとしても、入るなら自分で入ります。

子供のころから指導していた、松森の師匠の江〇忠コーチはいったい何をアカデミーで教えているの?
坂田塾の門下生は、同じことをするのでしょうか?。

キャデーさんが池に胸まで入って懸命に探しても、ボールは見つからず、ロスト。
結果、取り換えられた球の罰で、2打罰を受けた。

ルールの規則裁定でもまさに同じ光景を想定して、解説しています。

規則:15-1 通 則

プレーヤーはティーインググラウンドからプレーした球でホールアウトしなければならない。

規則:15-2 取り替えられた球

取り替えられた球をストロークしたときは、プレーヤーは該当する規則に基づいて、マッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受け、ストロークプレーでは取り替えられた球でそのホールを終えなければならない。

規則裁定:15-2/1 マークしたあとにキャディーに投げて渡した球が池に入ったので、別の球でプレー

質問:プレーヤーがパッティンググリーン上の自分の球をマークして拾い上げ、ふいてもらうために自分のキャディーに投げて渡したところ、キャディーがその球を受けそこねて池に入れてしまい回収できなくなった。止むを得ず、プレーヤーは別の球でホールアウトしたが、規則15-2により罰せられるか。

回答:罰を受ける。球は規則16-1bに基づいて拾い上げられているが、規則16-1bは別の球への取り替えを許していない。したがって、プレーヤーはマッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受ける。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る