パターのフェースバランスって何?

パターのフェースバランスについて考えてみよう。

フェースバランスとは、パターのシャフトでバランスを取ります。
パターのフェイスがどこを向くかで、パターのフェイスの先端部(トゥー側)がどれ位重いのか解ります。
フェイスが真上を向くのがフェイスバランスタイプです。
フェイスが上を向かずに下に垂れるのがノンフェイスバランスタイプ。
しかもヘッドが何度位に傾くかでヘッドの効き具合が解るのです。

一番左がフェイスバランス、右に行くほどヘッドが下を向くので、ヘッド先端が重くなります。
DSC_1714

DSC_1715

一般的にマレットタイプはフェイスバランスタイプが多く、ピンタイプはノンフェイスタイプが多いのですが、
写真の様に同じピンタイプでも、フェイスバランスはクラブによって色々です。

特徴:フェイスバランスタイプ

パターをまっすぐ後ろに引いて、打ちだし方向にまっすぐ打ちだしていく打ち方に、合ったパターです。
フェイスの回転運動を必要としないので、初心者や女性ゴルファーに扱いやすいパターです。
DSC_1716

特徴:ノンフェイスバランスタイプ

アイアンと同じようにフェイスの回転運動を入れながら打っていくタイプです。
写真の様にヘッドの垂れる角度によって、45°~90°位まで有ります。
ヘッドが垂れるほどタッチがシビアになり、自分の感性・感覚が必要です。
アイアンと同じような感覚で打ちたい人には向いています。

どちらも必要

理論的には、フェイスバランスタイプが簡単ですが、このタイプばかり使用していると、
真っすぐ引いて、真っすぐ打ちだすという事にこだわるばかりに、自分の感性が磨かれません。
パターの感性、技術を磨くには、パターに迷ったら、たまにはノンフェイスバランスタイプを
使用して感性を取り戻すことも大事です。
使用しなくパターは、絶対に下取りに出さないで、しまっておいてください。
ちなみに、一番右側のT字型パターが原点です。
自宅の練習用にいつも置いてあります。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る