ゴルフに役立つ「骨ストレッチ」

ゴルフに役立つ不思議な「骨ストレッチ」

9月27日(木)テレビ東京「それダメ~」の放送を見ていたら、
ゴルファーに役立つストレッチをやっていました。
凄く共感できて、論理的手法なので、皆さんに紹介したいと思います。
私のこのブログでも紹介したように、グリップの上に、親指を乗せない。
親指を乗せると腕に力が入って腕が硬くなり、脱力が出来なくなるということが理解されるでしょう。

親指はブレーキ。

親指を折って、腕を大きくぐるぐる回転させます。
凄く体が硬く感じることを体感してください。

小指はアクセル。

次に小指を曲げます。
同じように大きく回転させます。
親指と違い、小指を曲げた方が、腕が柔らかく回転しやすいのが判ります。

次はストレッチです。

親指と小指の理屈が判ったところで、今度はストレッチに入ります。
親指と小指を軽くくっつけます。指には力を入れないようにしてください。
そのまま、同じように腕をぐるぐる7回転させます。
小指を折り曲げた時以上に肩の回転が軽くスムーズになるのがわかります。
左右とも同じようにやってください。
肩の回転から肩甲骨回りが軽くなり、非常に柔らかくなります。

ゴルフに有効なストレッチ

いよいよゴルフに効果的なストレッチです。
右手の親指と小指を軽くくっつけて、左手で右手の手首のくるぶしを、親指と小指で軽くつまみます。
ちょうどゴルフのグリップに似ていますが、指に力を入れないでください。
指は触れている程度で十分です。
ゴルフのグリップもこの位に握れるといいですね。

右手首を左手の親指と小指で軽く持って、右に約7回、捻転するのと同じように回転させます。
腕の回転や肩甲骨の動きが柔らかくなりよりスムーズに動くようになります。
捻転の深さも変わってきます。
右と同じように左方向も手を入れ替えて行ってください。

ネットで検索したら【ゆるめる力 骨ストレッチ】のYouTubeを見つけました。
よりゴルファーに効果的なストレッチ法を紹介しています。

歳を重ねるごとに硬くなっていく体。
ストレッチをしたいと思ってもなかなか続きません。
ストレッチを行うのは練習場やゴルフのスタート前だけ、なんて人も多いのではないでしょうか。
しかし、そんな時でもこのストレッチを覚えておくだけで、効果が絶大になりそうです。
又、「親指はブレーキ」「小指はアクセル」ということがの通り、親指に力を入れないようにスイングをすることが大事ですね。
良いと思ったことは、実践しましょう。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る