フィニッシュの取り方で球筋は変えられる?

ゴルファーは、アドレスとフィニッシュを見れば腕前が判ってしまいます。
それ位にアドレスとフィニッシュには、重要な要素がたくさん詰まっているのです。

フィニッシュの取り方で球筋は変えられる?

上級者に多いフック・チーピンの悩み

初心者の方はほとんどスライスが悩みですが、スライスの軌道が直ってきた中級者や上級者は、今度は左方向への曲がりすぎやチーピンに悩まされてきます。
それは起き上がりによって、左方向へ回転してしまうからなのです。
又は、腕を使いすぎていてコネたり、腕を返したりする動作があるからかもしれません。
上体の起き上がる動作と合わせて腕を使うと、とんでもなくチーピンが出ます。
一度スイングを根底から見直しましょう。

逆にスライスしか出ない人は、初心者の方に多いのですが、次のような傾向があります。

アウトサイドインの軌道になっている人。

アウトサイドインに振っているので、フィニッシュが取りにくいです。
フニッシュが取れるようなスイングに軌道修正することで、自然に修正されていきます。

左ひじが出て、フェイスのターンが出来ない人。

腕の力が強く、腕っぷしで叩いて飛ばそうとする人に多い現象です。
クラブフェイスが体の回転と一緒にターンして行かないので、スライスになります。
まずは腕の力を抜いて、左ひじがインパクトから自然に内側に折れ曲がっていくような動きにならないと、きれいなフィニッシュは取れません。
左ひじが引けた状態で、フィニッシュを作りに行くとぎこちないフィニッシュになり、最後にフィニッシュだけ作ったようになります。

球筋がどのような原理で発生するのかが判れば、フィニッシュを見ればその人の傾向が判るということです。
どのような球筋に悩んでいるのかも判ってしまうのです。
綺麗なフィニッシュを目指しましょう。
LINEで友だち追加してね!

関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る