【必見】力が正しく伝わる下半身の使い方!

【広告】

上田桃子プロのワンポイントレッスン。
今回は、下半身の使い方です。
アマチュアゴルファーが、上達していく上で避けては通れない下半身の使い方です。

力が正しく伝わる下半身の使い方

手打ちを何とか卒業して、大きな体幹を使って回転運動で打てるようになる為には、下半身の腰の回転運動が必要になります。
下半身の正しい使い方が出来てくると、股関節の使い方と上半身の捻転差を使って、飛距離が伸びてきます。
なかなか、教えてもらえない内容なので、是非参考にしてください。
内容的には、中級者から上級者を目指すレベルかもしれませんが、基本を知るということは、レベルに関係なく大事なことです。
変な癖が付く前にも、早い段階で覚えておきましょう。

逆に腕の力を抜け、抜けとよく言いますが、腕で振っている以上は腕の力は抜けないのです。
腕の力を抜く方法は、ありません。
下半身が使えるようになるので、腕の力が抜けてくるのです。
腕の力を使わない方法を覚えることによって、腕の力が抜けるのです。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る