究極のティーアップドリル

【広告】

ティーアップしてアイアンを打とう!

「ティーアップしてアイアンを練習するとうまくなる」なんて聞いたことないですか。
私もスコア100を切る頃、よくやっていました。
練習場のゴムマットの上で練習していると、マットの上をクラブが滑って、少し手前をダフってもうまく打ててしまうんですね。
ティーアップして打つと、クラブとボールのコンタクトがよく判るんです。
マットやティーを打たずにボールだけインパクトさせて、ショットを安定させる練習です。
この練習で、方向性と飛距離のバラつきを押さえてショットを安定させることが出来るのです。

ところが、その上を行くレベルのバージョンがあったのです。

インパクトを安定させて、ダウンブローに打つ練習です。
やり方は、ティーを少し高くして、SW~9I位で練習します。
9I程度が一番優しいです。
SWは難しいですが、一番いい練習にはなります。

究極のティーアップドリル

練習方法は、距離を伸ばす必要はありません。
30yから始めましょう。
やり方は、ティーを打たずにボールだけ打つのです。
音で良しあしを判断します。
「ボコ」最悪。「パコ」から「パシュ」「カツ」になってくればOKです。

ポイントは、クラブが上から入るとティーを打ちます。
クラブが鋭角に入っているためです。
クラブが下から入るとティーを打ちます。
あおり打ちのように、クラブフェイスが開いて入っている状態です。
下半身のリードで、遅れてクラブが降りてこないといけません。
緩やかなダウンブローで、ボールだけを上から捕まえます。
ゴムのティーをほとんど打たずにボールにインパクトするのです。

結論からいうと、30yの縦と横のバラつきや、弾道の高さがそろってくるのです。
30yでもしっかり打ち抜いていかないと、目標に飛んでいきません。
腕を下ろしていると、できません。
余程意識して下半身リードで、長いターフを取るイメージで打てないと、「ボコ」というのです。

はっきり言って難しいです。

そんなこと「無理」って思います。
しかしこれが出来ると、本当に安定したショット力が身につくのです。
30yがそこそこ出来るようになったら、50yを練習し、80yと距離を伸ばしていきましょう。
ターゲットに向かって、ピンを指していくようになります。
ちなみに、出来っこないから、プロに80yやってみろと、見本を見せてもらったら、
何発打っても、「バシ」と打ちぬいて80yに向かっていきました。
「ほんとにボコっていわないで打てるんだ」と感心しました。
やればできます。
これが出来たとき、ダフったり、開いたりしない、安定したショット力が身につくのです。
もう3週間やっていますが、見違えるほどショットが安定しますよ。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る