スイングの基本・足の揃え打ち練習

スイングの基本・足の揃え打ち練習

足を揃えて打ってみましょう。
人それぞれ色々な現象が現れて、面白い練習です。
全てのスイングの基本が凝縮されているので、上級者から初心者まで必要な練習です。

練習方法

足を揃えてアドレスします。前傾をキープしたまま、肩を回してトップを作り、頭を残したままインパクト、フォローを取ります。
たったこれだけの練習ですが、自分の欠点が丸裸になってしまいます。やってみてください。
最初はバランスを崩してもOKです。皆、出来ないのです。小さいスイングから練習していって、大きいスイングにしていってください。

練習目的
  1. 自分のスイング軸をキープしながら打つ練習です。
    スイング軸がブレないと打てない人もいます。
  2. 頭を残して、正面でボールをとらえる練習です。
    インパクトは通過点であり、フォローまでしっかり肩を回しましょう。
  3. 腕の力を抜いて、クラブヘッドを走らせる感覚を覚えましょう。
    力で打っても飛びません。
  4. スイングは手を上げて振るのではなく、肩を回してインパクトをする回転運動を身につける練習です。
  5. 足は揃えても体重移動はあります。
    スタートから切り返しのタイミングを再確認する練習です。
  6. スタートは足から下半身でスタートして、切り返しも下半身からリードします。
    このキッカケがつかめないと、手から上がります。
  7. 前傾をキープして、回転で打てないと、ダフリ、トップが出て上手くインパクト出来ません。
  8. 小さい動きの中でのスタートからフォローまでの動きのリズムを習得してください。

簡単にできる練習ですが、得られる物がたくさんある練習なので、是非やってみましょう。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る