ティーイングランドでボールの後ろの芝を靴で踏んでへこませた

同伴プレーヤーがパー3のティーショットでボールの後ろの芝を靴で強く踏んでへこませた。
あまり見ない光景だったのですが、違反ではないのでしょうか?

838711280

まだインプレーになっていないので、ライの改善にはならない。

ティーイングランドでストロークをする前は、土を盛り上げたり、凸凹を直したりしても良いとされています。
ティーショットのストロークの後、インプレーになった状態で同様の行為を行うと、ライの改善を行ったとして2打罰になります。
規則13-2のライの改善にも例外として明記されています。

特にパー3のティーイングランドは、ディボットがあったり、修復した砂が盛り上がっていたり、芝の状態も良くありません。
自分の打ちたい場所で、芝の凸凹や砂の状態を自分の好みに修復して打っていいのです。

————————————————————————————————-
参考:第2章 用語の定義
7 インプレーの球(Ball in Play)
球はプレーヤーがティーインググラウンドでストロークを行った時にすぐに「インプレー」の球となり、その球はホールに入れられるまでインプレーの状態を続ける。

13-2 球のライや、意図するスタンス・スイングの区域、プレーの線の改善
インプレー中は 2打罰
プレーヤーは自分の、球の位置やライ、意図するスタンスやスイングの区域、プレーの線や、その延長でホールを越えてその先方の、若干の合理的な長さの部分、または  球をドロップしたりプレースする場所を次の行為によって自分で改善したり、改善されるのを許してはならない。
●クラブを地面に押し付けること。
●生長物や固定物(動かせない障害物と、アウトオブバウンズの境界を定める物を含む)を動かしたり曲げたり、折ったり壊したりすること。
●地面を盛り上げたり、地面の凸凹を直すこと。
●砂やバラバラの土、元に戻してあるディボット、切り張りした芝を取り除いたり押し付けること。
●露や霜、水を取り除くこと。
ただし、次のときには前記の行動があっても、プレーヤーに罰はない
ティーインググラウンド上で地面を盛り上げたり、地面の凸凹を直しているとき。またはティーインググラウンドから露、霜、水を取り除くとき。

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る