旗竿(ピン)を立てたままパットが出来ます!(2019年から)

2019年1月1日から新しいゴルフ規則が施行されます。

新し規則では、パッティンググリーン上で旗竿を立てたままパットすることができます。

もし、パットした球がホールに立てられている旗竿に当たっても罰はありません。
球は、あるがままにプレーします。
この規則は、ロングパットの時に誰かが旗竿に付き添ってくれるのを待つ時間を節約するためです。

抜いた旗竿(ピン)を何処に置きますか?

たまに、旗竿を音を立てて投げる人を見かけますが、同伴者として
気持ちの良いものでは有りません。

旗竿はソーッと大事に置かないとグリーンを傷つけます。
旗竿はグリーンの外に置きましょう。
私も昔、自分の置いた旗竿を、同伴者が黙ってグリーンの外に置き直したのを見て、気付かされました。
誰も口頭では注意してくれないものです。
次の点に注意しましょう。
グリーン上で旗竿にボールが当たると、2打罰です。(2018年の規則まで)
2019年以降は、旗竿にボールが当たっても、無罰です。

他のプレーヤーのパットの延長線上や視線後方に置くのはやめましょう。
プレーヤー全員のパット方向を見極め、パットの視線の邪魔にならない場所がベストポジションです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る