正確な最大飛距離と平均飛距離とは

正確な最大飛距離と平均飛距離とは

飛距離の不思議?。
皆さん自分の飛距離をどの様に把握していますか。
デジタルスコープを持っている方は別として、どうやって把握してるのでしょう。
私には解りません。
何を信じて飛距離を把握しているのでしょうか。
まずは、自分の正確な飛距離を把握することで、スコアが10打程度は良くなるかもしれません。

1486354

飛距離の把握方法

  • 自分のボールで測定する
    練習場のレンジボールではなく、自分のマイボールで芝の上から打って、デジタルスコープで測ります。
    特に150y以下の飛距離については、正確性が求められます。
    プロや競技ゴルファーは、実際の自分の飛距離を10y刻みで把握する必要があります。
    特に試合では、グリンエッジまで何ヤード、グリーン奥まで何ヤード、ピンまで何ヤードという表示で戦います。
    ボールが変わっても、飛距離は変わるのです。
  • 練習場のヤード表示は、正確ではありません。
    飛ばないレンジボールを使用している為、10~20y大き目な表示をしています。
    いつも行く練習場にデジタルスコープを持ち込んで測定してみましょう。
    参考:信じてはいけない「練習場のボール」
  • 練習場のレンジボールとヤード表示で、自分の飛距離を判断していませんか。
    練習場のマットの上とコースの芝から打つのでは条件が違いすぎます。
    ゴルフコースの練習場では、レンジボールではなく、色んな銘柄が混在したロストボールを使用しているゴルフ場が多いです。
    スタート前のゴルフ場の練習場で、ヤード表示に対して、「あれ、いつもより飛ばないな?」と感じたことはありませんか。
    ウオーミングアップだからしょうがない。と勘違いしていませんか。
    ゴルフ練習場のレンジボールで打っていると、実際よりも飛距離が飛んでいる錯覚を起こしてしまうのです。
  • ゴルフコースのヤード表示はあてにならない
    ワングリーンのコースとツーグリーンのコースでは、ヤード表示は違いますが、あまり正確ではありません。
    ゴルフコースはグリーンセンター表示がほとんどですが、競技に使用されるコースなどは、グリーンのエッジ表示になっています。
    特にワングリーンは、前後左右に40~50ヤード位はあるので、非常にアバウトになります。
    プロや競技ゴルファーは練習ラウンドで正確な距離を測定して、自分のヤーデージブックに記録するのです。
    ここの左の150ヤード杭から何ヤードとか、右の150ヤード杭から何ヤードとかです。
    バンカー手前まで何ヤード、バンカー奥で何ヤードと記録するのです。

飛距離の種類

  • 4つの飛距離
    ドライバーの飛距離を聞くと何ヤード位と答えられるのですが、キャーリーの飛距離を答えられる人は少ないでしょう。
    ほとんどの人が、最大飛距離を答えます。
    飛距離には、キャリー(落下地点まで)、ランを含めた飛距離、最大飛距離、平均飛距離があります。
    それぞれの飛距離を把握する必要があります。
  • 最大飛距離と平均飛距離
    両方の飛距離を把握する必要はありますが、ゴルフを組み立てるのは、平均飛距離です。
    最大飛距離は、池やバンカー、OBなど飛んでしまった時を避ける場合に使います。
    最大飛距離でゴルフをすると、手前のバンカーに捕まります。
  • キャリー
    キャリーは、落下地点までの距離なので、ウエッジからショートアイアンの飛距離を把握しましょう。
    スコアメイクに直結するので、正確な最大飛距離と平均飛距離をつかんでください。
    グリーンは前後30y近くはあるので、絶対ショートしないことです。
    絶対オーバーしない。バンカーに入れない。というマネジメントに使用します。
    レンジボールで掴んだ距離感やコースのヤード表示で組み立てた、マネジメントではアバウト過ぎるのです。
  • ランを含めた距離
    ロングアイアンからフェアーウエイウッドは、最大飛距離と平均飛距離に加えて、キャリーとラン(転がる距離)を把握する必要があります。
    特に同じ飛距離でも、アイアンとユーティティ(UT)、フォアーウエイウッドでは、ランの距離が違います。
    人によってヘッドスピードも違うので、弾道の高さとスピン量が違い、ランの距離も違います。
    どのクラブでフェアーウエーでどのくらいランが出るのか確認しておきましょう。

LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る