これからは「ヘッドスピード」より「ボールの初速」

今まで、「どうして女子プロより飛ばないの?」
「ドラーバーの飛距離とミート率」
「ドラーバーの飛距離とミート率」などと記事を書いてきましたが、
今日はボールスピードです。
インパクト時のボールの初速です。

これからは「ヘッドスピード」より「ボールの初速」

838711280

ヘッドスピードは関係ない

一般的には、飛距離を出すにはヘッドスピードが早くないと飛距離が出ないと言われてきました。
最近は技術の進化で色々な器機が開発され、科学的に突き詰めると「ボール初速」をどうやって上げるに絞られてきました。
実際には「ボールの初速」だけでなく、「打ち出し角」「スピン量」も関係してきます。
長尺のドライバーを使うのも、ミート率を上げるのも全ては、最終的には「ボールの初速」を上げることなのです。
いくらヘッドスピードが速い人でも、ミート率が悪くて「ボールの初速」が遅ければ、飛びません。
ミート率とは、 ミート率=ボールの初速スピード ÷ ヘッドスピード
ヘッドスピード40m/sでボール初速が50m/sの人は、50÷40=1.25 ミート率は1.25になります。
理論上の最大値が 1.5。プロは1.4以上、アマチュアー1.4以下です。
ヘッドスピード40m/sの人でも、ミート率を1.4以上にすると「ボールの初速」60m/sは出せます。
ドライバーの飛距離は、「ボールの初速」x4倍と言われています。
「ボールの初速」60m/sを出せれば、240yは出せるのです。

プロのボール初速

PGAツアーの選手たちの数値を見てみましょう。(初速平均値)

D.ジョンソン:81.0m/s
A.スコット:80.2m/s
B.ワトソン:81.7m/s
ジェイソン.デイ:78.6m/s
R.マキュロイ:79.8m/s
松山英樹:75.7m/s

ボール初速60.0m/s以上を目指そう。

アマチュアゴルファーは、ボールの初速を60.0m/s以上目指しましょう。
250yで女子プロと勝負できます。
競技ゴルファーは、ボール初速70.0m/sを目指しましょう。
男子プロと勝負できます。
では、どうやってボールの初速を上げて行ったら良いのでしょう。
私もボール初速70.0m/sを目指して、色々作戦を練っています。
最近試合で、グローレにカスタムシャフトを入れているのをよく見ます。

      1. ヘッドスピードを上げる為にシャフトを長尺にする
        但し、長くし過ぎてミート率が悪くなると意味がありません。
      2. 長尺にしても振りやすいように、クラブ重量を軽くする。
        シャフトが長くなっても、クラブの重量はそれ程重くはなりませんが、振ると重く感じます。
        総重量は、出来るだけ軽くしましょう。
      3. 長くなった分、シャフトが暴れないように、軽いシャフトで硬いシャフトを使用します。
        ドラコン選手ほどにする必要は無いでしょうが、参考になります。
        40~50g台のs、x、xx程度でしょう。
        シャフトの特性や長さによって、振った感じが変わるでしょう。
      4. 長く感じないように、大型ヘッドのヘッド重量の軽いヘッドを使用する。
        ヘッド重量が少しでも重いと、感覚的にはすごく重く感じてしまいます。
        460ccの200g以下のヘッドを推奨。
        旋風を巻き起こしたグローレFや今流行りのM2のヘッドも200g以下です。
        これから中古がたくさん出てくるのでねらい目です。
        中古クラブをチェック
        ゴルフダイジェスト
        ゴルフパートナー
      5. シャフトの特性
        シャフト硬さや重さが決まってきたら、更にもう一つ、シャフトに仕事をしてもらうことです。
        プロのように色々なシャフトを試すことは出来ないでしょうが、シャフトの特性で、シャフトのしなり戻りをうまく使えるかどうかです。
        シャフトがインパクト時に逆Cの字になってヘッドが走ることです。
        シャフトの特性だけでなく、自分のスイングとの相性があるので、フィッティングに時間が掛かるでしょう。
      6. コストを掛けずに試打を繰り返す
        合うかどうかわからない試行錯誤のクラブにお金を掛ける訳にはいきません。
        クラフトマンに相談して、新品で作ったら10万以上するでしょう。
        中古のクラブショップやシュミレーションゴルフ。試打が出来る大きなゴルフショップで色々打たせてもらいましょう。
        クラブヘッドは中古で十分です。
        リシャフトするので、使うのはヘッドだけです。
        中古でも上手く探すと、同じ考えでカスタムした中古が出ていることがありますので、探してみましょう。
      7. ヘッドスピード測定器の利用
        51cx8xie5l-_sl1000_1
        今は簡単にヘッドスピードやボール初速、ミート率を測定できる装置が¥10,000程度で購入できます。
        色々なクラブで、ヘッドスピードとボール初速の違いを確認しましょう。
        測定器を中古クラブ屋さんに持ち込んで、試打させてもらっても良いでしょう。
        仲間のクラブを借りてテストも良いでしょう。
        クラブヘッドが変わるとボールとの相性も替わります。
        ボールの潰れ具合でボ-ル初速も変化します。

Amazonで測定器をチェック
楽天で測定器をチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る