ドライバー講座⑥飛距離UP編「飛距離UPにはクラブに振られろ!」

誰でもドライバーを持つと飛ばしたくなります。
飛ばしたくなると力が入ってしまうものです。
いかに力を抜いてドライバーが持てるかが、上達するためのステップです。

ドライバー講座⑥飛距離UP編「飛距離UPにはクラブに振られろ!」

ドライバー講座も飛距離アップの核心に入ってきました。
前回は、ドライバーは力を入れなくても飛ぶんです。ということを学びました。
今回は、「クラブを振るのではなく、クラブに振られろ」ということです。
クラブを振ろうとするから、間違った軌道で振ってしまい、曲がってしまうのです。
本来クラブは、簡単に曲がらずに飛距離が出るように設計されているのです。
ライ角通りに体を回転さえすれば、クラブヘッドも回転して、まっすぐ飛んでくれます。
これを力で無理矢理に、おかしな方向に操作をしてしまうので、うまく行かないのです。
パワーがあって、筋力に自信のある人ほど、飛ばそうと操作をしたくなるのです。
ここが、他のスポーツとゴルフの違うところですね。
ここのポイントが、わかるとゴルフの腕前も一皮むけてきます。

このブログでも、片手打ちや片手の素振りなどを紹介してきました。
片手でスイングすると、力で操作が出来なくなります。
クラブの上がりたい方向から、切り返してクラブの振られたい方向にしか振れません。
これがクラブの正しい軌道なのです。

ティーショットの前に、片手で素振りをしてみましょう!
力の抜き方がよくわかります。
私も、朝一番のティーショットの前には念入りにストレッチを兼ねて、片手素振りを行います。
こんな「脱力感で良いんだ」「こんな方向にクラブが動くんだ」ということを確認してから打ちましょう。
きっと、ミスショットが激減してくるはずです。

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る