ドライバー講座⑩「球が曲がり出したらアドレスを修正しよう!」

いよいよドライバー講座も最終回です。
今回のビデオは、そのまま受け入れてください。
アドレスの方向の取り方。アドレスの仕方。
凄く参考になります。

ドライバー講座⑩「球が曲がり出したらアドレスを修正しよう!」

プロでも、ミスの原因はアドレスがかなりの部分を占めています。
真っすぐ構えているつもりなのが、ちょっと違和感を感じる時ってありませんか?。
インテンショナルなドローやフェードを打つことが出来ないアマチュアは、難しいですが。
プロはおかしいなと感じると、敏感に体が反応して、スイングで修正しようと動いてしまうのです。
女子プロでも、アドレス後ショットの前に毎回必ずキャディーが後ろに立って方向を確認してから離れます。
プロでも毎回ショット前に、確認してもらうほど、アドレスは重要なのです。

ゴルフの練習場に行った際には、右端や左端のアドレスの違和感のある打席って必ずありますよね。
そんな打席に付いた時がチャンスです。
毎球、目標を変えて、アドレスをする練習をしてください。
目標は、どこの的なのか。何番目の支柱なのかを決めてアドレスをしてから、クラブを自分の足元に置いてみて下さい。
後ろから、クラブの向いている方向を確認して、自分の癖を修正しましょう。
目標に正しくアドレスが出来なければ、いくらスイングが良くなっても、スコアに結びつきません。

初心者の人は、目標に向いてしまうので、右に出るのが多くなります。
目標に対して、平行に構える練習を重ねないと、自分の感覚が磨かれないのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事






記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る