グリーン上のバンカーの砂はタオルで払って良いの?

バンカーの上のグリーン上はバンカーの砂でいっぱい。
ライン上にも砂があるし、手で払う位では全然取れない。どうしたら良いの?
glf0010-026

対処方法

規則では、砂とバラバラの土は、パッティンググリーン上にある場合はルースインペディメントであると規定されているので、取り除くことが出来ます。露と霜はルースインペディメントではない。よって、グリーン上に限っては、砂や枯れ葉などを取り除くことができます。取り除く方法としては手の平で押さえつけなければ、手で払ったり、タオルや帽子でホウキのようにパタパタしても大丈夫です。グリーンを確認したり、修正したりと勘違いされないような方法を取りましょう。
タオルなどを使ってルース・インペディメントを除去する場合、あくまでも、ルース・インペディメントの除去という目的のためで、誤って、結果としてスパイクマークなどを直してしまったり、霜を除去してラインを改善してしまった場合には ペナルティが科されることになるので注意しましょう。

規則裁定
16-1a/8 パットの線上のルースインペディメントを、帽子やタオルで払いのける
質問:プレーヤーが自分の帽子やタオルでルースインペディメントを払いのける際にパットの線に触れたが、そういうことは許されるか。
回答:何も押えつけないことを条件に許される。

16-1a/9 パットの線上のルースインペディメントを、手のひらでパッティンググリーンを払って取り除く
質問:他の方法ではどうしても散らばっている小さな木の葉を払いのけることができなかったので、プレーヤーが手のひらで10回以上もパッティンググリーンを払って木の葉をパットの線上から取り除こうとした。そういうことは許されるか。
回答:プレーヤーが何も押さえつけなかったこと(規則16-1a(i))、また、表面が擦られた場合はパッティンググリーンの表面をテストする意図をもって質問のような行為をしなかったこと(規則16-1d)を条件に許される。パッティンググリーンの表面を擦るというプレーヤーの行為ということから、何かを押さえつけたかどうか疑わしい場合はプレーヤーに不利に解決されるべきである。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る