砲台グリーンはこう攻めよう!【パープレーの教科書】

児玉ゴルフクラブ。7番・337y・パー4です。
比較的短いチャンスホールですが、短いホールほど落とし穴がたくさん仕掛けられています。

砲台グリーンはこう攻めよう!【パープレーの教科書】

全体的に打ち上げの上りホールです。
左サイドに受けるように待ち受けるバンカーと左右の林がプレッシャーをかけてきます。
打ち上げホールなので、つい力んでアッパースイングになるように、仕掛けられたホールです。

無事ティーショットをクリアしても、砲台グリーンで左右のバンカーに守られています。
グリーンの奥は、打ち上げの難しいアプローチが残るホールです。
どのように考えてマネジメントをしたらよいのか、考えてみましょう。

ピンが奥でも、絶対に奥には打ってはいけません。
打ち上げの砲台なので、バンカーを避ける為に、ついつい大きめのクラブを選択しがちなのですが・・。
これもコースの設計者の罠なのです。
使用したい長いクラブの1番手落として、ショットの成功率を上げて、バンカーとバンカーの間のグリーンを狙う。
ショートしても花道からのアプローチが残るような攻め方が、理想でしょう。
勇気をもって手前を攻めることが大事なのです。

短いホールこそ、ピンを攻めて、あわよくばバーディー、もしくはパーを狙いたいところですが。
罠にはまると良くてボギーか、最悪ダボが待ってます。
最悪でも、ボギーで収まるマネジメントが、ゴルフを成長させてくれます。

GDOでチェック
じゃらんゴルフでチェック
楽天でチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る