出来るかな?左手の片手打ちドリル

究極の左手の片手打ちドリルです。

プロも一日ラウンドすると、スイングが乱れてきます。
手から上がったり、手が下りるタイミングが早くなったり、ラウンド後のスイング修正やウオーミングアップの際によくやる練習です。
片手で行うので、無理に手を動かそうとしてもできません。
右腰のリードでクラブが後から上がり、左腰の切り返しでクラブが下りてくる感覚を感じ取ることが出来て、ちゃんと出来ないとボールに当たりません。

皆さん出来るかな?右手より難しい左手の片手打ち。
手打ち厳禁です。
手の力を抜いて、下半身で引っ張られる感覚でクラブを振ります。
まずは小さく振って練習してください。

下半身からスタートして、クラブを上から落としているだけです。
クラブは上から入らないと、ボールがクラブフェイスに乗ってくれません。
払い打つ感覚は無いです。
左手首の角度は一定にして、アドレスの状態まま、体を回して、そのまま同じ角度で戻すだけです。
少しでも、クラブを振る動作が入ったり、手を上げる動作が入ると元の位置に戻らなくなり、うまく当たりません。
練習場で上手く当たらなくても、恥ずかしがらずに頑張りましょう。
ほとんどの人はうまく出来ません。

出来るようになるポイント

  1. 手は絶対に振らない。上げない。
    力を抜いてブラブラの状態です。
  2. 下半身リードでクラブを上げて、下半身リードでクラブを落とします。
  3. 左手首の角度を維持してください。
    手首の角度が伸びてしまうと当たりません。
  4. フェイス面を意識して、体が回ることによって、フェイスが開いて閉じ、インパクト時にスクエアになり、左に閉じていかないと真っ直ぐ飛びません。
    当てて終わりでなく、しっかり左に回ることです。
  5. リズムよく、ゆっくりしたリズムで行ってください。
    急な動作が入ると打てません。
    ビデオの画像も、上記の内容を確認しながらの練習中なので上手く出来ていませんが、参考にしてください。
    上手く当たるようになっても、その日の調子ですぐ当たらなくなります。
    アイアンのショットが調子悪いとか、練習のウオーミングアップとか、ラウンド後の修正とかに取り入れてください。
    調子が悪くなった時に、何が悪いのかが良く解るようになります。

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る