深いラフからのアプローチ

グリーン周りの深いラフいやですね。
せっかくグリーン周りまで来たのに、ラフが深いとピンに寄せるアプローチが難しいですね。
グリーン周りのラフが長いかどうかで、グリーンを狙うマネジメントが変わってきます。
ラフが長い時は、転がしのアプローチが出来ない為に、グリーンを外すと寄せワンが取れなくなってしまいます。

ゴルフ場も営業日の仕様と試合仕様では、ラフの長さが違ってきます。
ラフの長さが長いとボール探しに時間がかかり、グリーン周りでホールアウトまでの時間がかかり過ぎてしまいます。
一般アマチュアゴルファーは、あまり長いラフで打つ経験が少ないので、長いラフが苦手になってしまいます。
長いラフの打ち方の基本を勉強しましょう。

記事を気に入ってもらえた方は「いいね」をお願いします。
すでに「いいね!」をもらっている方は、「シェア」をお願いします。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る