アマチュアゴルファーの平均値・実態調査

全国のアマチュアゴルファーの実態はどの様な数値になっているのでしょうか。
ゴルフダイジェスト(GDO)にスコア登録しているユーザーのデーターと、日本パブリック協会(PGS)が2012年に実施したアンケートを参考にしました。
GDOのデーターも、自分でスコアを記録をつける習慣があるゴルファーが対象です。
なので、始めたばかりの初心者やインターネットでスコア管理をしていないユーザーも沢山いますので、実際の平均値よりも良い数値が表れていると思われます。

アマチュアゴルファーの平均実態調査

対象人数:12万人(GDO)、9,687人(PGS)

1年間のスコアカードの集計枚数:138万枚(GDO)

平均スコア

平均スコア(GDO):99.64(全平均)、男性:99.09/女性:110.19
平均スコア(JGS):90台(37.8%)、100台(27.9%)、80台(16.4%)、110台(10.1%)、120台(5.6%)、70台(1.9%)、130~(0.3%)

年齢別の平均スコア

60代:95.30
70代:95.57
50代:96.98
40代:99.62
10代:100.74
30代:104.14
20代:110.12
9歳以下:113.68

 

スコア階層別ゴルフ歴構成

これを見るとゴルフ経験の長い人ほど平均スコアが良くなって行きます。

年間平均ラウンド数

年間平均ラウンド:11.75回(GDO)
HC別ラウンド数:HC10台(15.47回)、HCシングル(13.26回)、HC20台(12.10回)、HC30台(8.49回)
80台でラウンドして、シングルを目指している人が、ラウンド数が一番多いことがわかります。
逆に100が切れないゴルファーのラウンド数が低いのがわかります。

年代別ラウンド数

70代(20.13回)、60代(16.75回)、50代(13.76)、40代(11.13回)、10代(8.26回)、30代(8.07回)、9歳以下(9.09回)、20代(6.7回)

ゴルフ場の経営を、50代から70台のゴルファーが支えているのがわかります。
又、ラウンド回数の多いプレーヤー程、料金の安い休日にプレイをする傾向です。

平均パット数:36.22(GDO)

意外と良い数値にビックリです。
競技と違い、OKパットが含まれているのでしょうか。

1ラウンド当たりのバーディー数:0.37個(GDO)

シングルのデーターは1.45です。
シングルになると、バックティーでのラウンドも含まれてくるので、バーディー率は落ちてきます。
それでも1ラウンドで平均3個は立派ですね。

1ラウンド当たりのOB数:1.19回(GDO)

あくまでも平均値なので、ハンディキャップ別に比較すると、ハンディキャップの多い人が倍位の数値になるでしょう。

寄せワン成功率:13.05%(1/8回)(GDO)

ハンディキャップ別の寄せワン率がわかると良かったのですが、わかりませんでした。

フェアーウエイキープ率:22.12%(GDO)

男性:22.12%
女性:18.06%
70代:45.37%
60代:34.83%
9歳以下:28.57%
10代:25.95%
40代:20.96%
30代:15.35%
20代:9.53%
9歳以下と10代はキチンとした指導者が就いていると思われます。
若い人ほど力任せのゴルフと言えそうです。
飛ばない女性が意外と低い値になっていますが、上手な女性がまだ少ないのが現状でしょう。

1ラウンド当たりのダブルボギー以上の数:7.78個(GDO)

1ラウンドでダボ以上のホールは平均8個です。
トリプル以上のホールは3.7個で、平均4個です。
スコアを見るとすぐに改善できそうな気がしますね。

ホール別スコアの悪い順(オーバー数)

1位:No1ホール(1.75)
2位:18番ホール(1.64)
3位:9番ホール(1.61)
4位:10番ホール(1.60)


朝と午後のスタートホールと最終ホールでスコアを落としている実態が見えてきます。
緊張する朝のスタートホールをいかに平常心でティショットが出来るかどうかです。
その為に「ルーティーン」が必要になってくるのです。
この4ホールで平均スコアで6ストロークオーバーしています。

スコアの良いホールと悪いホール

良いホール:パー3
悪いホール:パー5
簡単にパーが取れそうなパー5で一番平均スコアが悪いということは、マネジメントが無しでプレイしている証拠ですね。
パー5を制すれば、スコアを更新できます。
パー3は、距離が短くティーアップして打てるので、大きなミスが出ないのでしょう。

バンカーからのサンドセーブ率

シングルさんのサンドセーブ率:3.32%
2014年のサンドセーブ率1位の平塚哲二プロの数値は、65.63%です。
シングルと云えどもバンカーに入れたら、パーが取れないということです。
アマチュアは、「バンカーに入れたらいけない」ということ。
プロは、格段にバンカーショットが上手いということです。

感想
やはりスコア100が平均値だということが解りました。
今のゴルフ産業は、50~70代が支えているのですね。
もっと20~30代の若い人と女性を呼び込んで、活性化させないと衰退して行ってしまいます。
ゴルフはスコア「100」を超える頃が、面白くなってきます。
「100」を切るともっと夢中になります。
そんなゴルフ仲間を増やしていきましょう。


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る