アプローチのとき下半身は使うの?アプローチの基本(後編)

前編と違い、後編は確信に迫ります。
アプローチの極意は打っているのでなくて、イメージは打つではなく、運ぶことです。

アプローチのとき下半身は使うの?アプローチの基本(後編)

後編は、全偏と違い、極端に重心移動を教えています。
アプローチで重心移動のできないアマチュアの方に教えるのは、このくらい極端にしないと判らないのかもしれません。

アプローチは打つのではありません。

体重移動があることによってクラブフェイスが上から入りながら、移動して行きます。
体重移動をしながら、クラブを振って、ボールに正しくコンタクトするのは、至難の業です。
なので、クラブは振っていないのです。
アドレスの位置に戻してきているだけです。
なので、ボールに正確にコンタクトできるのです。

運ぶ距離感は、腰とお腹で作る。

アプローチの距離感は、インパクトの強さ加減ではありません。
手打ちで、クラブをパチンと当てる・打つから、お腹で運ぶに変えましょう。
この感覚が判ってきたら、後は練習あるのみです。
今までと全然違うことを行うわけですから、今までの距離感は参考にならなくなります。
出来るだけたくさんの球を打って、体に覚えこませましょう。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る