ドライバーとアイアンでは、軸が違います。!

今日の重要なポイントは軸です。
ティーアップするドライバーと、地面から直接打つアイアンでは、垂直軸が違うということです。

飛距離アップレッスン⑤ドライバーとアイアンの構え方の違い

最近のプロはティーアップが低いですね。
上級者と初心者ではティーアップの高さが違います。
何故違うのかは、後に置いておいて、ティーアップした方が簡単だということです。

今回のビデオは、テーマは「軸」です。
腕を上からとか横からとか、解説していますが、メインは「軸」です。

地面のボールを直接打つアイアンは、体の中心軸が地面と垂直に立ちます。
ここでポイントは、クラブの最下点は自然と顔の真下に来るということを覚えておきましょう。
ドライバーは、軸を少し右に傾けて立ちます。

ティーアップしたボールは、最下点を通過して、クラブヘッドが上昇しながらボールとインパクトします。
体の中心の最下点を過ぎてから、ボールに当たるので、最下点とボールの位置によってティーの高さが変わるということです。
ティーの高さによっても傾きは違いますので、自分の傾きを練習で掴んでください。
あまり傾けすぎると、ダフリます。

もちろん、軸を傾けなくても打てるのですが・・
飛ばすためにドライバーのスピン量を減らすためには、やや角度を付けてアップライトにスイングをした方が低スピンで打てるのです。

ここで大事なのは、ややアップライトのスイングと、スイングで上げようとするアッパースイングとは違うということです。
軸がやや傾いているだけで、垂直の時のスイングと同じスイングを行います。
ボールは見ないで、顔の正面の最下点に振り抜けば、自然につかまったボールが打てるのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る