【ショットの基本】ハンドファーストでインパクトの練習

この練習だけやれば、すべて解決と言っていい程の練習ドリルです。
前回の記事で「【スイング改造】インパクトの形で重たい物を押せますか」という内容で
分厚いインパクトについて紹介しましたが、よくよく考えてみると

前傾キープやハンドファースト。スピンコントロールなどの全ての内容が詰まっていることに気が付きました。

【ショットの基本】ハンドファーストでインパクトの練習

動画を編集しながら、色々考えていると、いろいろな事に気が付きます。
動画の解説でも書いていますが、腰と肩が一緒に回転したら、フェイスが開くんですね。
前傾キープも出来ないんです。

最近は忙しくて、更新頻度が遅れてすいません。
動画の編集が増えてきたことで、時間が足りません。
しかし、動画を見る機会が増えたことで、色々と気が付くことが多くなってきました。
コマ送りやスローで自分のスイングをチェックすると、本当に恥ずかしい姿に「ガッカリ」させられます。

コロナの影響で、東京から通って教えていただいていたプロが、来れなくなりました。
練習の頻度もラウンドの頻度も、大会やコンペもなくなりました。
しかし、夜の空けない夜はありませんので、いつしか思いっきりゴルフの出来る時期が来るでしょう。
その時のために、基本の練習やスイングの修正をやっておきましょう。

今回の練習ドリルは、これだけ出来れば、スイングの修正や大叩きが無くなります。
是非やって見てください。

ゴルフは、ショットの再現性です。
いかに良いスイングを再現して、コースで実現できるかです。
体に覚えこませましょう。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る