中々狙えないグリーンセンター

462323

中々狙えないグリーンセンター

バーディーを取らないといけないプロゴルファー。
パーで十分なアマチュアゴルファー。

ドライバーは、フェアーウエイになくても、そこそこセカンドショットが打てる所にあれば良し。
セカンドショットが打てる所にあると、どうしても狙ってしまうのが、ピンです。
ピンが手前なのか奥なのか、狙って打ってもその通りに打てないのに、狙ってしまいます。
ピンを狙っていいのは、バーディーを取りに行く、プロだけ。
我々アマチュアは、パーを狙って取りに行かなくてはいけません。
積極的に、パーを取りに行く。
ピンを狙わずグリーンセンターを狙って、パーオン率を上げましょう。
解っていても、なかなか自分で出来ないので、自分に言い聞かせる為に書いています。

ピンに一番近いグリーンセンター
  • グリーンオンの可能性が一番高いのは、グリーンセンター狙いです。
    ピンを狙うから、グリーンを外してボギー。バンカーに入れて、悪ければダボです。
  • グリーンのセンター狙いで打っても、グリーンセンターには行きません。
    センターを外しても、グリーンに乗っていれば良いのです。
    外した方向が、偶然ピン側ってこともあります。
  • カップがどこの位置に切ってあっても、グリーンセンターからバーディーは狙えます。
    乗ってさえいれば、バーディパットです。
  • 全部乗せたら、パープレー。
    ドライバーは、セカンドショットが打てる場所。
    ロングのセカンドショットは、フェアーウエーをグリーンと思って、3打目勝負。
    3打で乗せたらパープレー。パー5の4つのホールをパーが取れたらすごいことです。
    狙うのは、ピンではなくて、グリーンです。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る