ハーフショットで、体重移動を覚えよう!

ショットメーカーになる為には、今までのスイングを忘れて、イチから基本を体に覚えこませないといけません。
その為に必要なのが、ボディーターンと体重移動です。
アドレスに対して、フニッシュで左足1本に体重を乗せる為には、かなりの体重移動が必要になるのです。

ハーフショットで、体重移動を覚えよう!

初心者の方は、クラブを振ろうとするあまりに、腕を振ってしまいます。
腕を振らずに体の回転だけで、クラブを振ることを覚えないといけません。
その為には、何をしたらよいのか、イチからやっていきましょう。

体重移動を覚える

使用クラブは、9Iを使用します。
ウエッジだとロフトがありすぎて、球がつかまりすぎてしまうためです。
アドレスをしたら、右→左→右→左と体重を移動しながら足ふみをします。
体の回転とクラブの振り幅は、ひざの高さまでで十分です。
その時に注意することは、アドレスで出来た胸と腕の三角形を崩さない事です。
打つも腕とグリップは胸の前の状態で、体重移動と上半身の捻転する感覚とタイミングを体に覚えこませましょう。
実際にボールを10y程度打って、感覚をつかみましょう。

体重移動が判ってきたら、クラブのふり幅と回転幅を腰の高さまで、大きくしていきます。
シッカリ大きく体重を右と左に乗せて行きます。
この時に、下半身の股関節がシッカリ入って、下半身のリードで体重移動が出来るようにします。
下半身リードは、一言で言っても難しいので、「体重移動から切り返して回転を始める」ということを覚えてください。

体重移動の次は、フィニッシュです。

腰から腰のハーフショットでも、しっかり体重移動を行っていきます。
フニッシュも、ハーフショットなので、クラブの高さは腰の位置ですが、次の事に注してください。

  1. 腰の向きが、打ち出し方向を向いていること。
  2. 右足の太ももが、左足の太ももにくっ付いていること
  3. 右足の靴の裏側が後ろを向くこと。
  4. 腕とクラブが打ち出し方向を向いていること。
  5. クラブフェイスのトゥーが上方向を向いていること。
  6. 腕とグリップの力は抜いて打つこと。

9Iのハーフショットですが、しっかり下半身を大きく使って打たないと、左足に重心の乗ったフィニッシュが取れないことが判ります。
ハ-フショットなので、80~100y位しか飛びませんが、すごく大事な練習になります。
自分の打ち出したいラインに、つかまったショットが打てるように、フィニッシュがシッカリ取れるようになるまで練習しましょう。
この体重移動からの、スイングのスタートを徹底的に体に覚えこませます。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る